バス憧れの大地へ

富士山

須走ルート登山(2016年7月)

須走登山口―六合目

2016年7月21日

9時40分、須走登山口を出発。いよいよ富士登山のスタートだ。

暫くは、背の高い木々に覆われた比較的緩やかな山道を歩く。
須走口を歩き始めたばかりの山道須走口を歩き始めたばかりの山道
ちなみに、須走以外のルートでは出発するとすぐに森が無くなってしまうそうで、これだけ鬱蒼とした森の中を歩ける富士登山コースは須走ルートぐらいとのことである。

古御嶽神社を過ぎて程なくして「標高2000メートル」の標識が見えてきた。この数字だけを見ると既に結構な高地なのだが、スタート地点の時点で1970mあったのである。つまりは、まだ30mしか登っていないのだ。この先の標高差は更に1700メートル以上――ここまで登った標高差は全体の2%にもならないことになる。当たり前だが、ゴールはまだまだ先だ。

やがて、道の両側の木々は低木へと姿を変え、10時50分ごろ、標高2300mのポイント近くにさしかかると、突如としてその低木すら姿を消し、周りに見える植物は草花だけとなった。上の方に目をやるとまだ低木が生えているのが見えるので、森林限界はまだ先のようだが(標高2700mあたりとのこと)、もはや先ほどまで生えていた大木の姿を見ることはできない。
須走ルート 森林限界超え
視界が開けた場所から下界の方を望む

雨足が弱まって視界もやや良くなったこともあって、にわかに開放感が増して、テンションも上がった。しかし、富士の頂は相変わらず霞の向こうだし、下界に見えるのも雲ばかり――無論、雲海の景色というのもいいものなのだが、私は富士山から下界を望みたいという願望もあったので、ちょっともの足りなかった。

ここらでちょっと休憩。可愛い高山植物を愛でて心を和ませる。
ホタルブクロ
ホタルブクロ
イタドリ
イタドリ

「あっちに(下山道の)大砂走が見えますよ」
案内人の小林さんが言う方向を見ると、山裾に開けた斜面が見える。この時は数こそ少なかったが、登山者(下山者)の姿も見ることができた。
須走ルート大砂走
大砂走

「大砂走」とは、砂地の斜面を、砂の滑りを利用して勢いよく下っていく下山ルートだ。登山者(下山者)が立てた砂煙も時折見える。
私たちも明日、この道を下ることになるが、それは帰りの話。まずは頂上に到達しないと。

再びやや低めの木々に覆われた道に入る。そして、また少し雨が強くなってきた。
11時20分。標高2400mポイントの新六合目 長田山荘に到着。しかし...
「『D通』の団体さんが大勢で間もなく来てしまうので、すみませんが小屋の中は使用できません...」
とのこと。そういうことなら仕方がないが、ここらあたりで気温低下に備えて装備を増やしたい(重ね着をしたい)ところだったので、隣接する倉庫をお借りして着替えをして、再び登山に臨む。

長田山荘からも暫くは雨の中、やや低めの木々に覆われた道を進む。
標高2600m地点に近づいた12時20分ごろ、にわかに木々の背丈が低くなった。先述したように、このコースの森林限界は2700mあたり。そこに近づいてきている証拠だ。また視界が開けた格好だが、今回はまだ霞が結構厚い。
同時に、山小屋が見えてきた。2620m地点にある本六合目の瀬戸館である。ここで一休みすることになった。
瀬戸館
ここまでの雨でレインウェアは濡れ、靴とロングスパッツは泥だらけになってしまったが、山小屋の中を濡らしたり汚したりすることはご法度。外したり着けたりするのは実に面倒なのだが、これらの装備を一旦外して山小屋の中にお邪魔する。
瀬戸館内部
山小屋の中はこんな感じ

休憩させていただくからには、何かを買うのがマナー。雨で体を冷やしてしまった私たちは、全員一致で
豚汁!!
そして、ちょうどお昼時である。持ち込みは全く問題ないので、用意していた弁当を頂くことにした。
私が用意した昼食は...
富士登山の昼食
あんパン、クリームパン、ゼリー、スポーツドリンク。
登山はエネルギーが重要なので、食事は炭水化物と糖分が豊富で、手軽に食べられるものがいい。この選択が正しかったことは間違いないと思うが――豚汁とは合わなかった(笑)。

エネルギー充填が完了したところで、再度装備を整えて、13時5分、出発。

ここまで登ってきた標高差:650m
ここまでの所要時間:3時間25分(瀬戸館での休憩時間含む)

頂上まではあと、標高差約1100mだ。まだ先は長い。

コメント(0)、トラックバック(0)

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1897

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>