バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

アジア周遊第3部 チベット

チベット鉄道-3 ~ラサ入り

タングラ峠を越えた後も、チベット高原は相変わらず変幻自在にその表情を変えていく。砂漠やステップが見えたかと思うと、広大な平原が見え、再び荒涼とした風景になったかと思うと湖が見えてくる。そして、ほんの一瞬だが自然の風景が途切れ、人々が生活を営む街が見えることもある。
11時45分、曇りがちだった天気が一転し、チベットらしいすっきりとした青空が顔を出した。程なくして、右手に巨大な湖(ツォナ湖)が、左手に砂漠と、左右で随分対照的な光景が見られるポイントを通過した。

青空
チベットらしいすっきりとした青空
ツォナ湖
巨大なツォナ湖

13時45分、ナクチュ駅着。ここから先は、景色の変化にもパターンを覚え始め、車窓の外を眺めることにもさすがに飽きてきた。 遠目にポタラ宮
遠目にポタラ宮が見えてきた

ヤンパチンを過ぎてから30分ほどした17時ごろ、列車員が来て預けていた切符と座席牌を引き換える。目的地に近づいてきた証拠だ。
暫くすると、遠目に見覚えのある建築物が見えてきた。
ポタラ宮だ!!]
背後に見える山と比べてしまうとちっぽけに見えてしまうが、間違いない。あれはラサのランドマーク・ポタラ宮である。
にわかに周囲がざわめき始めた。皆、下車の準備にかかり始める。

17時20分すぎ、69時間に及ぶ列車の旅が終わり、私たちは営業を開始して1年の真新しいラサ駅に到着した。

改札を出た私とワタルは、中国・成都北駅で探したのと同じ黄色い旗を探し、ツアーに合流する。バスに乗り込み、いざラサ市街へと向かう。

コメント(0)、トラックバック(0)

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/82

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>