バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

アジア周遊第7部 マレー半島、タイ

スコータイ-3 ~遺跡公園城外 南と東

2007年10月9日

今度は遺跡公園の南城外へ。先ほどラームカムヘン国立博物館で見た写真に強く心を引き付けられたワット・チェトゥポンへ、雨の中自転車を走らせる。

ワット・チェトゥポン
ワット・チェトゥポン
レリーフ
ワット・チェトゥポンの遊行仏のレリーフ

かなり大規模な寺院だったようだが、ビルマとの戦争のためか、現在では廃墟となっている。
私が博物館の写真を見て引き付けられたのは、壁に彫られた遊行仏のレリーフだった。曲線の滑らかな美しいレリーフなのだが、残念ながら、こちらも破壊を受けて頭部が失われている。
この仏像は、一体どんな顔をしていたのだろうか ―― この曲線美から想像するに、整った柔和な表情をしていたことだろう。

その後、城壁の東側へと移動するが、その途中にも数多くの仏塔や遺構を見ることができた。

東側でまず訪れたのは、ワット・チャンロム。割と大きめのチェディ(仏塔)だが、土台の部分に象の像が並んでいて、ちょうど象たちに支えられるようにして建っている。象というのがいかにもタイらしい。

ワット・チャンロム
象たちに支えられるようにして建つワット・チャンロム
ワット・トラパン・トン・ラーン
ワット・トラパン・トン・ラーン

そして、立方体の堂が建つワット・トラパン・トン・ラーン。元々は壁全体に素晴らしい漆喰のレリーフが施されていたとのことだが、残念ながら盗難に遭って現在では頭部を失った仏陀が見られるのみである。

以上を巡って元の場所に戻り、自転車を返却する。
最後にソンテウ乗り場近くの遺構ワット・チャナ・ソンクラームを見て、スコータイの遺跡巡りを締めくくった。 ワット・チャナ・ソンクラーム
ワット・チャナ・ソンクラーム

来る時と同様に、地元の女子大生らも乗り合わせたソンテウで、スコータイ中心部に戻る。

様々な遺構を見ることができたが、ワット・マハタートやワット・シー・チュムの仏像のように保存状態が良いものもあれば、ワット・プラ・パーイ・ルアンやワット・トラパン・トン・ラーンのように崩壊の著しい遺跡もある。
放置された結果なのか、戦争のためなのか…。
スコタイ王朝がアユタヤ王朝に吸収されて滅亡してから既に600年以上の月日が経つ。消えていった王朝の哀愁のようなものも、ここには感じられる。

コメント(2)、トラックバック(0)

コメント(2)

| コメントする

 ちょっと忙しくて、眼を離している間にスコタイ遺跡ですか! ご旅行は中国国内だけではなかったのですね(笑) どうぞくれぐれもお気をつけて旅を楽しんで下さいませ

 11月に朗読会があるのですが、そこでマレーシアが舞台のショートストーリーを朗読します。
その中の挨拶『アッサラーム アライクム』
『ワライクム サラム』のネイティブの方の発音を聞きたいのですが、周囲にはマレーシアの方がいません まぁ~日本人が発音するのだから良いかぁ~ なんて思ってます。 マレーシアではこの様な挨拶を耳になさいましたか?

キャサリンさん、ご無沙汰しています。

中国なんてもう3か月前には離れていますよ!
今回の中国巡りは、世界遺産巡りなどの成果もありましたが、旅全体を見るとチベット以下のエリア入りへの序曲に過ぎなかった気がします。

すいません。マレー語には真面目に耳を傾けていませんでした。
と言うか、チベット入りして以降、現地の言葉は私にとって全て同じでした。
"さっぱり分からない語"ということで(笑)。

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/223

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>