バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

アジア周遊エピローグ~帰国

上海-2 ~中国最後の夜

2007年12月17日

事実上の上海最終日は、生憎の小雨。外出できないほどではないのだが、既に何度も歩き回っている上海。無理をして出歩くことはせず、日中は宿でダラダラと過ごす。

この日の夕食がこの旅の、そして中国での最後の晩餐ということになるのだが、一人でひとまず食べたのが魚香肉絲。好きな料理ではあるのだが、これが最後の晩餐というのは余りに侘しすぎる。
そこへ、帰りの船便が一緒になるサトシとピエールが蘇州・杭州巡りから戻ってきて、これから北京ダックを食べに行くという。
[北京ダック ―― これだ!]
北京ダック
北京ダック切り分け中
既に夕食は済んでいたが、中国最後の晩餐としてこれ以上に相応しいものはない。彼らに便乗して北京ダックを食べに行った。

食事以外には、和平飯店のジャズバーでジャズを聴きながら一杯やるというのが、私の思い描いていた最後の上海の過ごし方だった。しかし、食後に和平飯店に行ってみると、ジャズバーはおろか、ホテルのありとあらゆる出入り口が封鎖されていて、よく見ると窓の明かり一つ点いていない。残念ながら、ジャズバーは諦めざるを得なかった。

<後日談>
この時は事情が分からなかったが、和平飯店はこの年から2010年に亘って長期の改修工事を行っていたということだった。

夜の外灘
夜の外灘
夜の浦東地区
夜の浦東地区

そのまま宿に向かって夜の外灘沿いを歩く。
外灘にいると15分おきに上海海関の時計台が鐘を打つ音が聞こえてくる。15分おきというのは多すぎるような気もするが、この鐘の音が外灘の町並みによく合っていて、これを聴いていると、殊に夜となると、租界時代に戻ったかのような幻想的な感覚にとらわれてしまう。私の最後の上海ナイト  ――  いや、最後の中国ナイトをこの鐘の音が彩ってくれた形となった。

コメント(3)、トラックバック(0)

コメント(3)

| コメントする

もう日本に着いた頃でしょうか?本当に羨ましい。アジア各地を巡られてお疲れ様でした。久し振りの日本、同じ様でもアジアを巡った後では違って見えるかも?ゆっくりして下さいね。今後のご活躍を楽しみにしています。

なつかしの外灘・・
この夜景を僕達が見たのは半年以上前、そう思うと結構な時間がたってるんですね♪
僕達も今日ついにインドを離れイスタンブールに向かいます。
最後に北京ダック豪遊してますね!!
ちなみに蘇州号のご飯は美味しくないですよ~
一番美味しかったのは日本の某メーカーのカップラーメンでした。

先ほど日本に到着しました!

虞美人さん
そうなんです。今回の帰国は、いつもの帰国とは何か違うのです。
どこが違うのか----それは、最終回にまた書きます。

よ~じ
確かに、蘇州号の食事は大したこと無かった。特に朝食…。私も日本の某メーカーのカップラーメンのお世話になりました。
イスタンブールとなると、いよいよ欧州へ踏み出すことになりますね。またブログを楽しみにしてます。

コメントする

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>