バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

ニャルマ

2011年9月15日

ティクセ・ゴンパから1km弱南へ行ったところで左のわきに入ると、小さな白色のチョルテン(仏塔)がずらりと並び始めている場所に行き当たる。
小さな白色のチョルテンが並ぶ

そのチョルテンの列に沿って歩いた先にあるのが、1000年以上前に創建されたニャルマ・チョスコル・ゴンパである ―― いや、今となってはニャルマ・チョスコル・ゴンパ“跡”と言った方がいいかもしれない。なぜなら、そこにあるのは辛うじて痕跡が残っている主要建造物の跡を除けばほぼ全面的に瓦礫の山と化しているからだ。
ニャルマ・チョスコル・ゴンパ
ラダックのチベット仏教史上極めて重要な地であることは間違いないだろうが、当時の面影を思い浮かべることすら困難な今の壊れぶりを見ていると、寂しさと言うよりは悲しさすら沸き起こってくる。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1143

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>