バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

レーという街

2011年9月19日

ラダックといえば静かで落ち着いていて癒される場所、というイメージがあることだろう。
確かに、全体を見ればそうなるかもしれない。しかし、私が9日間拠点にしてきた中心都市・レーという街はどうかと言えば・・・

 人が多い
 観光客が多い
 車が多い

総じて、賑やかなのだ。
ほんの少しだけ中心街から外れれば、静かな場所もある。しかし、その中心街であるメイン・バザールは上記の如く、とにかく賑やかだ。
201109190201.jpg

しかし、“賑やか”に止まってくれればそれは許せる。
一番許せないのは、車のクラクションだ。
インドという国が総じてそうであるように、とにかく遠慮なくクラクションを鳴らすのだ。

以前書いた「にゃむしゃんの宿」のチラシ
「レーの街の喧騒を離れ、静かな農村を満喫しませんか?」
と書かれていた。
まさしく、レーの街にあるのは“喧騒”なのである。

幾ら癒しの地・ラダックに来たとはいえ、
レーに、特にメイン・バザールにいてばかりでは、
全く癒されない。

やはりそろそろ、先日ストクで体験したように、レーとは別のラダックで本当の癒しを体一杯に体感したい。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1153

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>