バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

アルチ・ユルコル地区

2011年9月24日

目当てのゴンパがLunch Breakに入っていたので、時間潰しがてら、鉄橋まで歩かなければならない場合を考えて、ショートカットを探したりしながら鉄橋までのコースを確認する。

その帰り道、ゴンパ地区の手前にあるユルコル地区にちょっと入ってみた。住居よりも宿や売店等の方が多いゴンパ地区に比べ、ユルコル地区は住居が多く学校もあるので、街機能としてはこちらの方がむしろアルチの中心部だと言えるのかもしれない。
チョルテン(仏塔)が建ち並ぶ前にある小学校では、子どもたちがどこからか石を持ってきて校庭の隅に運んでいく。いったい何の作業なのだろう。マニ石でも作るのだろうか…。
ユルコル地区の小学生

この地区で最も目を引くのが、レー王宮にも似た城である。あわよくば中へ、と思っていたのだが、入れそうもない。と言うより、誰かが生活しているような気配すら感じられた。
城

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1173

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>