バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

ついにラダック出発へ

2011年10月 3日

23日間に亘って滞在してきたラダックだが・・・
名残惜しいが、本日10月3日夜、ついに離れることになった

本当ならもっと滞在したいところなのだが、いい加減出発しないと次の目的地であるマナーリーへの陸路が閉ざされる恐れがあるのだ。案の定、HPTDCのデラックスバスは15日ほど前に終了し、今は2泊3日のミニバスかジープでしか行けなくなっている。
インド北西部に来たからには、何としても“あの街”を再訪したい。そのためには、マナーリーを経由するのが一番なのである。

ラダックは自然豊かで、ゆったりとした時間が流れ、私が敬慕するチベット文化、チベット仏教、チベット民族に日常的に接することができる、想像以上に居心地が良い地だった。離れてしまうのは実に後ろ髪が引かれる。

しかし、離れるからこそ“再訪”の楽しみができるというものだ。

そう。

私はいつか必ずや、またここに戻ってくることだろう。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1207

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>