バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

バラナシ(3)~プージャー

2011年10月18日

バラナシでは毎日夜6時半から、ヒンドゥー教の儀式であるプージャーを半ばショー的に行っている。今回のバラナシ訪問は1泊だけなので、見る機会は1度きりだ。信仰は違うが、やはりショーを見に行く感覚で、前回の訪問に続いて行ってみた。

会場はメインガートであるダシャシュワメード・ガート。6時15分ごろに行ってみると、既に大勢の人が集まっていた。ガンガー(ガンジス川)にはギャラリーを乗せたボートが幾つも浮かんでいて、ボート漕ぎは「50ルピーだよ! 乗らないかい?」と盛んに声を出している。水に浮かべる花蝋燭を売ったり、観光客目当てに土産物を売ったりしている少女の姿も見られる。

前の方で儀式が始まるのを待っていると、横にいたインド人が声をかけてきた。誰かが私を呼んでいるようである。彼が指さす方向を見るとダラムサラで会ったヨウスケ・トシミ夫妻がいるではないか。プージャーを見ている間だけになったが、久々の再会を喜び合った。

6時半。黄色い衣服をまとった男たちが配置につき、プージャーが始まった。まずは来客の手拍子も受けながら、祝いの?歌を歌う。
それから、香を焚きしめた杯を手に、ゆったりとした動作で祈りのダンスを舞う。
プージャー

次に炎の舞。数十の小さな炎が燃える燭台を、そして次にコブラをかたどった器に灯した大きな炎を手に、体を360度回転させつつ、やはりゆったりとした動作で上に下に炎を動かす。夜の闇に浮かぶオレンジ色の炎とヒンドゥーの音楽の相乗効果で、周囲は幻想的な雰囲気に包まれる。
プージャー

プージャー

さて、これが何の儀式かと言うと――実は、完全にショー感覚でしか見ていなかったので、よく分からない。
(誰かご存知の方、コメントにでも書いてください)

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1243

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>