バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

バラナシ(4)~朝のガンガー

2011年10月19日

バラナシ2日目は午前8時で終わってしまう。名残りを惜しむかのように、6時前から朝のガンガーを見に出かける。

ガンガーの朝は沐浴の時間。昨日昼間に見たよりも遥かに大勢の人々が朝の沐浴を行っている。
ガンガーの朝はまた、ボートの時間でもある。ガンガーを遊覧するボートの数も、この時間が1日の中で一番多い。
朝のガンガー

沐浴だけではあきたらず、ガンガーを泳ぐインド人も・・・
ガンガーを泳ぐインド人

と、対岸の薄雲の中から朝日が少しずつ顔を出し始めた。曇り気味だったので見られないのではないかと危惧していたが、朝焼けとはいかないものの、ガンガーの向こうに丸い朝日をくっきりと拝むことができた。
ガンガーの朝日

沐浴のほか、岸で祈りを捧げる人々もいる。火葬ガートでは、朝っぱらから赤々と火葬の火が燃えていた。また誰か、ガンガーに召されていったようである。
岸で祈りを捧げる人々
岸で祈りを捧げる人々

こうして、ガンガーの、バラナシの1日がまた始まっていく。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1244

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>