世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

【纏め記事】ラダックで出会った動物たち

2011年10月28日

帰国後、ちょっと疲れが出て更新ができなかったが・・・

ここからは、ラダックのことを振り返りながら纏め記事のようなものを。

まずは、前回牛を扱った繋がりで、ラダックで出会った動物たちを紹介。

<牛>
牛
明らかに腹ボテ

前回散々扱ったのでもう十分な気がするが(笑)。
取りあえず写真をあと1枚だけ。

<ヤク>
ヤク

ヤク

チベット文化圏といえば、やっぱり彼らでしょ~。長い毛と後ろに反りかえった角が特徴。
しかし、チベット本土ほどお目にかかれなかったのが残念。

<ゾ>
ゾ

ヤクと牛を交配させた動物。ラダックではヤクよりもこっちの方が多かった。

ゾ

力持ちなので、畑仕事などに大いに役立っている。

<馬>
馬

今でも荷物の運搬や移動にバリバリ使われている。

ポロの馬

ポロでも大活躍。

<ヤギ>
ヤギ

ラダックで一番たくさんいた家畜は彼らかもしれない。ラダックはインドに取り込まれていることから牛(ヤクも含む?)や豚の肉が食されることは殆どなく、肉と言えばマトンかチキンなので、彼らは重要なタンパク源なのである。

閲覧注意

で、肉屋の店先には普通に↑こんなもの↑が・・・

<ロバ>
ロバ
ニンジン食ってる・・・

家畜として飼われているものも多いが、野良もよく見かける。野良ロバとなると、インドの他の地域でも見た記憶が無い。
ラダックに来て初めてロバの声を聞いたのだが、「ウォォォォォ~~ン」と、まるで悲しげなチューバッカのような声だった。

<犬>
犬

レーの街中で牛とともに多く見かけるのが彼ら。昼間は上の写真のようにグータラ昼寝ばかりしていて、臆病で大人しいようにも見られる。
しかし、夜になるとまるでジキルとハイド。集団で気が狂ったように吠えるその声は、屋内にいても恐ろしいのに、夜中に道端で独り車を待っていた近くで吠えられた時には、姿が見えなくとも恐怖におののき、「こっちに来るな~~!」と念じたものだ。
いや、「狂ったように」ではなく、本当に狂犬だったらこれほど恐ろしいものは無い。

とにかく、ラダックには野良犬が多い。
ということで、
犬狩り
時々、避妊手術のために慈善団体が野良犬を大きな網で捕獲することがある。
犬もしっかり分かっていて、犬狩りの車を見ただけで怒りの咆哮を上げながら追いかける。上の写真でも、右側で犬が吠えて威嚇している。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1255

コメント(2)

| コメントする

あづま川さん、その節はお世話になりました。

リンクありがとうございます! 確認しました。

やっぱりヤクですよね~。でかい割には愛嬌あるんですよね、彼ら。
あ~~ブルーシープは見たかったけれど見られなかった。群れに巡り会えたというのが羨ましいです。

そう言えば、丁度今旅疲れが出ているような――時差ボケも未だに直っていない感じがします。

こんばんは。

ラダック、というかインドでは普通に歩いているだけでもいろんな動物に出会いますよね。ラダックでは、やっぱりヤクが印象的でした。それとトレッキングの途中で見たブルーシープの群れも圧巻でした。

ところで、ぼくのサイトからもリンクを貼らせていただきました。テキストのみのリンクで申し訳ないのですが、ご確認ください。

旅の疲れがどっと出ている頃だと思います。風邪などこじらせないようにお気をつけてお過ごしください。

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>