バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ネパール(2012年)

カトマンズ‐3 ~ネパールよ、いずれまた

2012年9月17日

午前中にユリがネパールを離れ、続いてコウゾウ、タダヒロの2人が更にネパールの旅を続けるべく、カトマンズを離れていく。

ユリ、旅立ち
ユリ、旅立ち
コウゾウ、タダヒロ、旅立ち
コウゾウ、タダヒロ、旅立ち

私もマコトともどもこの日の昼すぎには、まずはタイ・バンコクに向けて出発するので昼前に宿を出たが、空港に行く前に行かなければならない場所があった。昨日のビデオカメラ盗難の件で、あちこちたらい回しされた挙げ句、証明書をまだ入手できていなかったらしいのだ。
カトマンズ空港にて
カトマンズ空港にて。お世話になった
ゴビンダと運転手も交えて1枚
飛行機の時間を気にしながらの交渉になったが、ネパール人のゴビンダが間に入ってくれたお陰で、何とか手続き完了。後は、届け出たマコトのメールアドレスにPDFの書類が送られてくるのを待つばかり。この類の種類の受け渡しもハイテク化が進んだものだ。

空港には余裕を持って到着することができた。今回の旅の間、ずっと私たちを案内してくれたゴビンダと、ずっとワゴン車を運転してくれた運転手にお礼を言った後、私たちは空港の中へと足を進め、そしてネパールを後にした。

5年ぶり2度目のネパールとなったが、未知の場所を訪れ、お気に入りの場所をリピートすることもでき、超短期間の弾丸トラベルながら充実した旅となった。
しかし、何より私の心を掴み、何よりも忘れられないのはやはり、恵まれない境遇にありながらも決して笑顔を絶やすことのない、Happy Homeの孤児たちの純粋な姿だった。

次に来た時、彼らはどんな姿に成長しているだろう?
あの施設にいる子どもたちは、減っているだろうか? 増えているだろうか?

またいつか、必ず会いに来るよ!

※ネパールは離れましたが、旅はもう少しだけ続きます。

コメント(0)、トラックバック(0)

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1310

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>