バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

初 中距離ツーリング

バイク(カワサキ・バリオス2になりました)を買って1か月。これまでは自宅近くを1時間ほど回る程度でしたが、29日、初めてちょっと遠出をしました。


自宅のある東京・江戸川区から、目指すは神奈川県藤沢市江ノ島。

道筋はネットで調べた箱根駅伝のコース図を参考にしました。

(以下、コースは全て一般道です)

往路:

既に土地勘のあるお台場からレインボーブリッジを通り、第一京浜を通って神奈川県へ。

横浜に入ってからちょっと迷って、コンビニに飛び込んで地図を立ち読みし、現在地とその後のコースを確認して再出発。無事江ノ島に到着しました。

時折こんでいる所もありましたが、そこはバイクの”強み”を発揮。車の間をすり抜けて行きました。

復路:

行きと同じルートで帰ろうかと思いつつ出発したのですが、

「鎌倉」

という標識の文字に魅かれて

「よし、鎌倉経由で帰ってみようか」

と思ってルート変更。

ところが、鶴岡八幡宮付近でちょっとした渋滞。すり抜けようにも歩道いっぱいにあふれ返っている歩行者が気になってなかなかすり抜けられませんでした。

そこを何とか通過して東京方面へ向かうも、自分が今どこにいるかがよく分からず、またしてもコンビニに入って地図を立ち読み。

東京都に入ってからも道に迷いまくり。バイクで通ったことのある道の名前を標識で見た時には、マジで「助かった~」と思いました。

そんなこんなことがありつつも、無事帰宅することができました。

【予告】3/22 チベット武力弾圧に対する中国大使館前デモ=終了=

3月14日、私の愛するチベットで、平和的に行われたデモの弾圧を機にチベット人と中国人の衝突が発生し、中国が装甲車まで駆り出すなど過剰な対抗措置を取ってチベット人の間に多数の死傷者が出るという痛ましい事件が発生しました。

そんな中、mixiでこんな書き込みを見つけました。

=============================================
3/22(土)チベット武力弾圧に対する中国大使館前デモ開催決定!

中国大使館へ向けて平和へのアピールを!!
=============================================

先ほど参加を表明してきました。

今回のチベットに対する中華人民帝国の蛮行は断じて許せません。

チベットを愛する1人として、何かアクションを起こさないと気が済みません。

I Love Tibet な皆さん、共に立ち上がりましょう!

東京の中心で Free Tibet を叫ぶ

先日予告した通り、チベット武力弾圧に対する抗議集会に参加してきました。

20080322_2.jpg

午後1時、六本木の三河台公園で抗議集会開始。ダライ・ラマ法王らの声明を読み上げ、日本の支援団体代表の方々、在日チベット人代表の方々から熱いメッセージを受けた後、デモに出発。私も支援団体が用意したプラカードを手に六本木の街に繰り出す(←夜の街じゃないですよ!)。
 
20080322_1.jpg

「Free Tibet!」

「チベットに自由を!」

「チベットに平和を!」

「中国はチベットから出て行け!」

「We want justice!」

シュプレヒコールを上げながら、六本木ヒルズの前を通過。デモ参加者は1000人以上に膨れ上がりました。

2kmほど歩いて、終着点の公園に到着。その後もシュプレヒコールは続きます。
 
20080322_3.jpg

最後に、自称「売れないフリーライター」という方から抗議声明。

「私は中国の伝統文化に敬意を表していますが、昨今の中国は評価に値しない国になってしまいました」

私と同じ思いの人が、ここにもいました。今日デモに参加した方々の中にも、同じ思いを抱いている人が大勢いたことでしょう。

デモは大きな混乱も無く、無事終了しました。

それにしても、これだけ多くの人が集まるとは正直思ってませんでした。

今回のチベット騒乱(中華人民帝国当局にとって都合のいい言い方だし、そもそもは平和的なデモに当局が暴力に訴えたことが発端なので、『暴動』という言葉は使いたくない)に関して腹にたまっていたことを思い切り叫ぶことができてかなり気分が良かったし、何より具体的なアクションを取ることができたことそのものが嬉しかったです。

今回共に行動を取ることができなかった方も、↓のブログに抗議のやり方が掲載されているので、参考にして下さい。

http://tsnj2001.blogspot.com/search/label/E-mail%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>