バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

チベット暦新年の新聞記事から

昨日はチベット暦の新年だった。チベットが平穏であることにしたい中国共産党当局は支配下にいるチベット人に新年を祝うことを強要しようとしていたが、外敵による民族的虐待・虐殺を受けてまだ1年たたないのだ。仏教徒としては”喪に服す”のが当然の行為となる。

本日の東京新聞朝刊国際面では、
「チベット旧正月 祭り自粛
抗議込め 読経響く
まもなく騒動1年 武装警官が巡回」

と題して大きな扱いがされていた。

【黄南チベット族自治州(中国青海省)=小坂井文彦】チベットの旧正月を迎えた二十五日、昨年三月のチベット騒動の犠牲者に対する哀悼と、中国当局への抗議を込めた僧侶たちの読経が各寺院に響いた。例年行われる競馬などの祭りを自粛し、静かな新年の始まり。街では暴動を警戒して、新年には不釣り合いな武装警官隊が巡回を続けていた。

同日早朝、青海省都の西寧市からチベット人居住区に向かう途中、出会ったチベット人男性(32)が携帯電話を差し出した。チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ十四世の所蔵写真を見せる。

昨年の騒動弾圧以降、ダライ・ラマの写真を所蔵するだけで公安当局による拘束の理由となるが、「信仰は絶対だ」と話す。中国当局によるダライ・ラマを批判する教育にも、僧侶は「信仰がいけないのか。国連は何と言っているのか」と訴えた。

午前八時半、青海省海東地区のシャチュン寺で読経開始の太鼓が鳴った。僧侶たちが経堂に集まる。近くの村人たちは、経堂の脇で祈りをささげた。今年は「喪に服す」ため、新年のごちそうも、服の新調も控えた。

経堂の外では、警官約百人がにらみを利かせていた。約一週間前から毎日、警官が巡回に来ている。
(以下略)

中国共産党当局がラサの様子を隠ぺいする現在、”チベット自治区”からのレポートはかなわない。しかし、黄南とて立派なチベットである。

静かに喪に服す中、警官が巡回――緊張感の伝わってくる記事である。また、記事中のチベット人男性の言葉からは、チベット人としての強いアイデンティティ、強い信仰心、中国共産党当局に対する強い憤りが伝わってくる。彼の言葉は、チベット人の意思を代表するものであると断言していい。

一方、その記事の左側には、脅しによるのか洗脳によるのかは不明だが、チベット人としてのアイデンティティを失ってしまったかのようなチベット人学者の言葉が掲載されていた。

「中国、統治を正当化 チベット族学者通し」

【北京=平岩勇司】チベット暦の正月にあたる二十五日、中国チベット学研究センター研究員のルオロンジャンドィ氏(46)は北京で記者会見を開き「中央政府の政策でチベット族の生活は向上した」と強調した。チベット族学者の発言を通じて当局のチベット統治を正当化する狙いだ。

チベット族の間で正月を祝わない動きがあることについて同氏は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ十四世などの「外部勢力が扇動した。個人の意思を政治利用してはいけない」と主張した。

また、チベット族がダライ・ラマの写真を持つだけで拘束される現状をドイツ人記者がただすと、「ドイツでヒトラーの宣伝ができないのと同じで、ダライを公共の場で宣伝してはならない」と言い切った。

文脈としては、中国共産党当局がチベット人に真実と異なることを言わせてそれを公表するというプロパガンダを行ったということだが、チベット人にそれを言わせるという点が重大であり、中国共産党当局の狡猾なところである。
そして、この記事にはもうひとつ、見出しには表れていない、重大な内容を含んでいる。
こともあろうに、ダライ・ラマ法王をヒトラーに比している点である。

一体、法王がいつ他民族を迫害・虐殺し、他国を軍事力で支配し、プロパガンダで国民を扇動したというのだろうか。

他民族を迫害・虐殺し、他国を軍事力で支配し、プロパガンダで国民を扇動したヒトラーに比して宣伝を許さないということであれば、この世で最も宣伝が許されないのは毛沢東であるということになる。

<追記>
朝日新聞と読売新聞にもチベット正月の様子を報道する記事が掲載されていた。

読売新聞は小さな囲み記事だけだったが、朝日新聞は国際2面のトップで
「チベット 追悼一色
旧正月、人影まばら
自治州、警察が監視」

という見出しで大きく報じており、中国支配下の地域のほか、ダラムサラの様子も記されていた。

関連コンテンツ

【お誘い】イベント「チベット、抵抗の50年 」(3月7日 東京・代々木)

間もなく2009年3月10日――1959年のチベット蜂起50周年を迎えます。
その50周年記念日に先だって、東京・代々木でStudents for a Free Tibet Japan(SFT日本)主催で記念イベントが開かれます。

日時:
■2009年3月7日(土)開場 18:30 開演 19:00

場所:
■国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール
(渋谷区代々木神園町3-1)
小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分

参加費:
■1000円

プログラム:
■チベット本土の模様を伝える映像”Undercover in Tibet”(チベット潜入)上映
■講演/スピーチ

  • チベット問題を考える議員連盟
  • ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  • 在日チベット人コミュニティ

中でも、”Undercover in Tibet”(チベット潜入)は日本初上映だそうです。中国当局がひた隠し、なかなか伝わってこないチベット本土の現状を知ることができる映像とあって、必見でしょう。

講演/スピーチの方も、公的な立場にある顔ぶれが並んでいます。どのような内容になるかはまだ明らかではありませんが、蜂起、ダラムサラでの会議など激動の1年だった昨年を受け、50周年の節目を迎えるということで、過去50年の回顧、そしてこれからのチベットについて実のあるお話が聞けそうです。

旅行したぐらいでは見えてこないチベット本土の現状を知りたい――そんな方は奮ってご参加下さい(私は主催者ではありませんが・・・)。

なお、参加するためには事前予約が必要です。
参加申し込み及び詳細な情報については↓をご参照下さい。
http://www.sftjapan.org/nihongo:50event

<追記>
同じく3月7日(土)のお昼すぎ、東京・六本木にて「チベットの自由を求めるピースウォーク」が行われます。
(以下『We Love Free Tibet 自由なチベットを愛する会』より転載)

========================================================
今、チベットの人達には人間として当たり前の「宗教の自由」、「言論の自由」、「教育の自由」がありません。
私たちは、チベットの人達にこれらの自由を取り戻すために支援をします。
そのために、ダライ・ラマ法王の中道の精神,非暴力と対話で解決をしようとされるお考えに賛同し支持します。
そのダライ・ラマ法王及びチベット亡命政府の正式な代表機関である、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所を全面的に支持します。

開催概要

チベット民族蜂起50周年を記念して、六本木でピースマーチを開催します!チベットを愛する皆さん、お誘い合わせの上お越しください。

 2009年3月7日(土)13:00ー16:00

  • 13:00三河台公園集合
  • 13:30集会
  • 14:30デモスタート 
  • 15:30笄公園解散

========================================================

こちらも併せてご参加呼びかけさせていただきます。

関連コンテンツ

クリントン国務長官訪中

21日、ヒラリー・クリントン米国務長官が中華人民共和国を訪れて首脳との会談に臨みました。

クリントン氏はダライ・ラマ法王のファンだという話を聞いていたので、チベット問題や人権問題について踏み込んだことを言ってくれないかと期待していたのですが・・・

22日の朝刊を読んだ時点では、「期待外れか」とがっかりさせられました。

22日の東京新聞朝刊(自宅で購読)によると、

米国は金融危機からの脱却など、差し迫った課題解決を最優先。欧米を中心に、懸念が高まる中国の人権問題については強い姿勢を示せず、火種のまま残ることとなった。

背景には、中国を「ステークホルダー(利害共有者)」として緊密な関係を築いたブッシュ外交の数少ない「正の遺産」をむげにしてまで強硬姿勢を打ち出すのは、現時点では得策ではないとの考えがある

金融問題が最大課題であることは理解できますが・・・
人権問題は差し迫った課題ではないと?

所詮はアメリカも経済大国で、経済優先の国なのか・・・

とがっかりしていましたが、今夜入ってきたニュースによると、最終日の今日、教会を訪れて信教の自由を重視する姿勢をアピールしたり女性人権活動家と面会するなどの動きがあったようです。
いずれもチベット問題に触れた訳ではないのですが、信教の自由や人権の面でささやかながらけん制らしきものがあったというだけでもほんの少しですが「がっかり感」が解消されたというものです。

まだ就任したばかりの長官です。今後のお手並み拝見といきましょう。

祝・「雪の下の炎」重版!!

以前、このブログで紹介した、無実の罪で中共当局に31年もの間拘束され、拷問され続けてきた不屈のチベット僧パルデン・ギャツォ氏の「雪の下の炎」。
一度は絶版になりながら今年復活(復刊)し、私も微力ながらこのサイトで宣伝活動などさせていただきましたが・・・。

本日、復刊を実現させてくれた「復刊ドットコム」様からこんなメールが届きました。

==============================================================
復刊ドットコムで171票ものリクエスト投票を集め、先ごろ復刊が実現
した『雪の下の炎』。好評により早くも重版決定です!
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68310729&tr=s

本書『雪の下の炎』は、28歳の時に身に覚えのない容疑で中国政府に逮
捕されて以来、実に33年もの長きに渡り、過酷な投獄生活を強いられた
チベット僧パルデン・ギャツオによる、偽らざる真実の記録です。

復刊後の反響も著しい本書ですが、本書をもとに昨年制作されたドキュメ
ンタリー映画『雪の下の炎』(監督:楽真琴)が、この度待望の国内公開
決定! 4月11日(土)渋谷アップリンクを皮切りに、全国で順次公開
される予定です。

映画『雪の下の炎』(アップリンクHP内)
http://www.uplink.co.jp/x/log/002948.php
==============================================================

重版!!

一度は絶版になった本が復刊から2か月(復刊ドットコムで予約した方への発送から数えて)で、重版を達成するとは・・・。

復刊ドットコムで予約した当初、私はいち購買者に過ぎませんでしたが、読んで以降は「ノーモア・絶版」を目標に、アマゾンのレビューで一番乗りするなど、気持ちはすっかり普及させる側。
同書を買っていただいた皆様には、感謝の言葉を述べたいぐらいです。

同書が最初に出版されたのは1998年。しかし、当時は今ほどチベット問題が注目されていなかったことが絶版という残念な結果に繋がってしまったのでしょう。
しかし今回は、昨年3月のチベット蜂起でにわかにチベット問題が注目を浴び、もはや同問題は日本人にとってマニアックな海の向こうでの出来事ではなくなりました。こうした時の背景が、一度は絶版になった同書を重版にまで後押ししてくれたと言えそうです。

しかし、やはり一番の要因は同書の内容の素晴らしさであると確信しています。

ただ、同書が売れた理由には、「復刊」「準新刊」という話題性があったことも間違いないでしょう。
今後、この流れを一過性のものとせず、ロングランにさせるためにも、当サイトでは引き続き、同書を推奨していきたく存じます。

関連コンテンツ

映画「20世紀少年 第2章」

何かいつもの「雑記ブログ」とは毛色の違うタイトルですが・・・(笑)。

原作で親しんできた浦沢直樹「20世紀少年」の実写版映画の第2章を見てきました。
(以下ネタばれありかも、注意)

「血の大晦日」で終わった第1章に続き、今回は時期を2015年に移してスタート。第1章で主人公だったケンヂ(唐沢寿明)が生死不明となり、話の中心はケンヂの姪のカンナ(平愛梨)になります(にもかかわらず、スタッフロールで最初に出てきたのはオッチョ役の豊川悦司でした・・・)。

カンナ役の平愛梨は原作のカンナよりも目つきが鋭く、第1章で少しだけ登場した時は「イメージ違わなくないか??」と感じましたが、第2章を見て、芯の強いカンナを演じる姿を見た後は「ま、合格かな」という印象でした。
その他のキャストは、特にオッチョ(豊川悦司)、ヨシツネ(香川照之)、万丈目(石橋蓮司)、小泉響子(木南晴夏)、仁谷神父(六平直政)など原作のイメージそのまま!! マルオ(石塚英彦)もかなり似ていましたが、どうせならハゲにしてほしかった(笑)。

ただ、気になったのは原作の内容とのズレ。特に「ともだち」暗殺の場面では、場所が違う、「ともだち」の正体が明かされない(!)点にかなり違和感を感じました。
そういう先入観を捨てれば楽しめるのかもしれませんが、話の展開に強引さが感じられたり、いまひとつ緊迫感に欠けていた印象があったりして、第1章に比べると何かインパクトが足りない気がしました。

一番インパクトが感じられたのは、「ともだち」一派の洗脳の様子でした。
さあ、いつもの調子に近づいてきましたよ(笑)
自作自演で自身のカリスマ性を高め、嘘の教育で人々の心を誘導し、敵対する者に汚名を着せて貶め、自分たちの方針に従わない者は”絶交(粛清)”し・・・

東アジアの某国とよく似ている・・・
結局いつもの調子になりました(笑)

まず、嘘で塗り固められた「ともだち」を熱狂的に支持する大勢の人々の姿に寒気を感じました。
そして、この映画の”洗脳”の様子で最も恐ろしかったのは、「臣民意識が今なお強い」ともいわれる上記の某国のような未成熟の国のみならず、欧米など精神面でも成熟した国までが巻き込まれ、しかも日本がその洗脳の中心に位置していることです。

もしかして、”洗脳”は他人事ではないのでは・・・

そんな恐怖感を植えつけられた映画でした。

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>