バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

間もなく帰国へ

現在、リマのセントロ(旧市街)。

昨日、ナスカからここに移動したのだが、一昨日のナスカにて、ナスカ・ライン(日本では『ナスカの地上絵』といわれている)はセスナの上からくっきりと見ることができた。

ここで、私のテンションはピークに達した。

[これで、旅を終わらせてもいい・・・]

それは、今回の旅に対してばかりではない。
2007年のアジア周遊の旅が終わった後、「旅の終わり」という気がしなかったあの時から続いている宙ぶらりんな気持ちに、ようやく一区切りつけることができそうなのだ。
――多分。

いずれにせよ、あと14時間ほどで帰国の便に搭乗することになる。
充実した旅となったが、もう少し、ここリマを巡ることにしよう。

詳細については、帰国後に連載予定の旅行記をお待ちいただきたい。

プーノ

マチュピチュを訪れて十分満足したところで、クスコからプーノへと移動。

バスで7時間少し南下(とはいっても標高はむしろ上がった)し、最後の山を越えたところで、プーノの街とその背後に横たわる広大な湖が見えてきた。
チチカカ湖――ペルー・ボリビア2カ国に跨る国境の湖である。

詳細な旅行記は↓こちらから↓
http://www.a-daichi.com/travelogue/2009_1_peru/14puno1.html

クスコ

クスコに到着。

ここには飛行機で来たのだが、眼下には雲を突き出るようにしてアンデスの高原がすぐ近くに見え、ここが数千メートル級の高地なんだな、ということを実感させられた。

そして、クスコの街。
    ・
    ・
    ・
ぶっちゃけ言って
    ・
    ・
    ・
一目ぼれ!!

こんなにクラシカルな街は久々だ。

ただ・・・
これって南米のクラシカルではなく・・・
スペインのクラシカルなんだよな・・・

――はあ。
複雑な気分。

※現在、写真をPCに取り込めない状態なので、取りあえず文章のみでの報告です。

詳細な旅行記は↓こちらから↓
http://www.a-daichi.com/travelogue/2009_1_peru/04cuzco1.html

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>