バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

「聖地チベット展」を参観して(4)

多くの仏像が「展示」されている(本来仏像は『安置』されるべきものである、との思いからの皮肉)大部屋から1階部分最後のブースへ。ブースの壁には「チベット文化圏」の大きな地図が展示されていた。私に言わせれば「チベット文化圏」と言うよりは「チベット」そのものなのだが・・・。
「カズさんはこの地図のどこに行ったのですか?」
と、同行者に尋ねられ、
「えーと、2001年は西寧からゴルムド、ラサと行って、そこから(中国・四川省の)成都へ。2007年は(中国・雲南省の)昆明から・・・」
と指差しながら説明し、それから次の行き先へと指を動かした時、
「あれ?」
あることに気がつき、地図全体を見回してみた。
「ハハハ!」
思わず大きな笑い声が出てしまった。
「これって、『チベット―全チベット文化圏完全ガイド(旅行人ノート)』の地図丸写しじゃないか!
先ほど私が指でたどった先には「ギェルタン」そして「ジョル」と書かれていたのだ。「ギェルタン」「ジョル」はそれぞれ、中国側が勝手につけた「シャングリラ」「徳欽」の名前で知られているが、「旅行人ノート」では正しく「ギェルタン」「ジョル」と記載されている。一方、「聖地チベット展」の地図では「タルツェド」が中国名の「康定」と書かれているが、帰宅して「旅行人ノート」の地図を見るとやはり、なぜだかこの街に関しては「タルツェド」ではなく「康定」とのみ記載されているではないか。
その他にも、共通点はいろいろある。

・「チベット文化圏界」のラインが短い縦線を並べる形で表現されている。また、「チベット文化圏界」という呼称も全く同一である。
・青海省・西寧がチベット文化圏に含まれていない。(西寧は“青海省”がでっち上げられた際に甘粛省から編入された経緯があり、確かにチベット文化圏とは言えないが、近所のルシャル=クンプム寺のある街=はチベット文化圏である)

共通点が多いどころか、何から何まで同じではないか。パクリと言ってもいいほどだ。
これだけそっくりであるにもかかわらず、同展図録の「参考文献」中に「旅行人ノート」の記載は無い。同書筆者が自身のブログで「『旅行人ノート チベット』を参考にしすぎじゃないか」と苦言を呈していることからも、断り無く引用されていることが分かる。有名なチベットサポーターである氏の名前や著書名は掲載しづらい、という事情もあるのだろうが、ここは中国ではなく、日本なのだから、中国で横行する知的財産権の侵害を日本に持ち込まないでいただきたい。
まあ、私もチベット旅行記の地図を作成する際に同書の地図を参考にしてはいるが、ここまで露骨なパクリはしていないつもりである。

いや待て。「何から何まで同じ」ではないぞ。
「旅行人ノート」の地図には記載されていて、同展の地図には記載されていない文字がある。
ダラムサラ」という地名だ。
チベット亡命政府のある地の名前を(恐らく意図的に)記載していない点、明らかに政治的な意図が感じられる。


6 thoughts on “「聖地チベット展」を参観して(4)

  1. まああれだけ堂々とコピーしてしまってはあきれてしまって(笑)。

    きっと康定は漢字だから後から入れたチベット文化圏の線引きから
    外れてしまったんだなとか、まる写しだからテルドム温泉なんかが
    そのまんま残ってんだなとか、EBCの位置が滅茶苦茶なんですがとか
    私はあの地図の前でかなり突っ込んでいたら係員に制止されましたよ(笑)。

    宝物や神仏だけでなく著作物まで盗らないでほしいもんです。

  2. 月夜野さん

    さすがです。お気づきでしたね。しかも、私よりもよく観察していらっしゃる。
    「康定」がチベット文化圏から外れている件、同書筆者さんもブログで書かれていましたが、私は「康定」の文字に気づいていながらそのことには全く気づいておらず・・・(汗)
    EBCも、行ったことがあるにもかかわらず、位置がいい加減であったことに気づきませんでした。
    「テルドム温泉」、お初に聞く名前です(^_^;)

    次回、もう一度そのへんまでじっくり見てみることにしましょう。

  3. 海螺溝もチベット圏から外れてましたね。
    康定以外はみんなカタカナなんですよ。
    まあ門外漢が解釈すれば漢字=中国地名と思いますわな。
    EBCは樟木の位置になっていました(笑)。

    テルドム温泉なんか尼さん給仕のマニアック温泉なのに
    旅行人に載ってるから地図に掲載されているだけ。
    あーあーまる写しバレバレ。
    上手にパクれとは言いませんが高山病や公安と戦いながら
    現地を歩いた旅人の目はごまかせんませんよね(笑)。

    名誉のために。
    あの地図に著作権者は富永省三氏です!
    チベット関係者は猛省するように。

  4. 月夜野さん

    富永省三氏の情報ありがとうございます。この方のお名前もお初でした(汗)。

    EBCがダムの位置になるって・・・どないないい加減さやねん。

    mixiでもこの件に関して書いていただいたようで、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索