バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

被災のラダックとドゥクチュへ支援のお願い

震災のジェクンド、先日第一報を書いた地滑り被害のドゥクチュのほか、チベット文化が伝わるインド・ラダックでは洪水が発生と、ここのところチベットで天災が相次いでいます。

今月発生したラダックとドゥクチュの被災に関し、ダライ・ラマ法王事務所から支援のお願いのアナウンスがありました。
http://www.tibethouse.jp/news_release/2010/100816_bokin.html

何卒ご協力お願い致します。

今度はチベット・ドゥクチュで地滑り災害

先日東チベットのジェクンドで地震災害がありましたが、またしても東チベットで災害が・・・。
今度はアムドのドゥクチュで地滑り災害――なぜこんなに立て続けにチベットに災難が訪れるのでしょうか。

中国甘粛省の地滑りで死者数80人、行方不明者2000人
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201008080008.html

(CNN) 中国北部の甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県で8日午前0時過ぎに発生した大規模な地滑りで、この影響による死者数が8日、少なくとも80人に増加した。この他約2000人が行方不明になっている。新華社電が伝えた。
8日の早い時点では死者65人が確認されたほか、多くの人が行方不明となっていると伝えられていた。
地滑りが起きる前日、同地域は激しい集中豪雨に見舞われていた。地滑りの影響で付近の河川がせき止められて洪水が発生し、周辺地域では水位が5分ごとに1メートル上昇した。
谷間の住民の一部は、家屋の屋根に上って救助隊を待ち、周囲の山岳地帯に避難した。政府は住民の救助活動を最優先に進められている。

まだ詳しいことは分かりませんが、取りあえず一報です。
詳細な情報が入ったらまた追記します。また、続報に気づかれた方がいらっしゃいましたらコメント欄にご記入いただけるとありがたいです。

※「甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県」は必ず「チベット・アムド地区ドゥクチュ」と読み替えて下さい。

江東花火大会(2010)

ここ1か月ほど、昨年の「江東花火大会」へのアクセスがやたら多いな、と思ったら、今年もそんな季節。今年の情報が書かれていると勘違いしてアクセスしてくる方も多かったのかもしれない。

さて、今年も勿論、カメラの練習にと撮影してきました。
静止画ではありますが、しばしの納涼気分をお楽しみあれ。

※カメラの設定は常にマニュアルで「bulb」(シャッター開けっ放し)。同時ではない幾つかの連続した花火をシャッター開けっ放しで撮影したものも含まれています。

花火  花火

花火  花火

花火  花火

花火  花火

花火  花火

夏本番。これからまた暑くなるんだろうなあ・・・

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>