バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

河口湖周遊(2)

河口湖周遊は後半の北岸へ。

湖北ビューラインより望む富士山
【湖北ビューラインより(1)】山陰に隠れていた富士山がちらりと見えた。

湖北ビューラインより望む富士山
【湖北ビューラインより(2)】
湖北ビューラインより望む富士山
【湖北ビューラインより(3)】

次第にその姿を現していく。

湖北ビューラインより望む富士山
【湖北ビューラインより(4)】東側の稜線がほぼあらわになった
湖北ビューラインより望む富士山
【湖北ビューラインより(4)】と思ったらまた少し死角に入った

留守が岩西より望む富士山
【留守が岩西】東の稜線が美しい

鵜ノ島と富士山
【河口湖林間学園わきより】鵜ノ島とツーショット

河口湖林間学園裏手より望む富士山
【河口湖林間学園裏手より(1)】木の桟道。この下は湿地らしい
河口湖林間学園裏手より望む富士山
【河口湖林間学園裏手より(2)】

富士山と鳥のサンクチュアリ
【鳥のサンクチュアリ(1)】
この場所に限らず、河口湖は鳥の保護区域になっていて、鳥たちがゆったりと飛んだり泳いだり捕食したりくつろいだりしていた。

葦原の向こうに見える富士山
【葦原の向こうに(1)】
葦原の向こうに見える富士山
【葦原の向こうに(2)】
いずれも河口湖自然生活館から少し西のポイント。

富士山と鳥のサンクチュアリ
【鳥のサンクチュアリ(2)】右下の船着き場に注目
少し空が赤くなってきた。

富士山と河口湖大橋
【河口湖大橋が見えてきた】

一富士二鷹?
【一富士二鷹?】あとはなすびがあれば・・・
実はここ、朝に逆さ富士を撮った時と同じポイント。ここまで来ればゴールは見えたも同然。

河口湖大橋
【河口湖北詰をくぐる】

夕陽に染まる富士山
【夕陽に染まる富士山】
とはいえ、昨日同様「夕富士」と呼ぶには上空が青すぎる。

夕闇の富士山
【夕焼けと夜闇の狭間で】
これはこれで美しいが、ピンク一色の空を背景にした富士山はこれでは無理。これにて撮影終了。あとはゴール地点を目指すばかり。

そして、17時31分・・・
スタート地点でもある船津の河口湖東南端に到着し、

河口湖周回達成!!

25km、31000歩に及ぶ挑戦が完了した。

河口湖駅から高速バスで東京に戻る前に、富士山写真ミュージアムに立ち寄る。ここは食堂にもなっていて、またも甲府名物ほうとうに舌鼓を打ちながら富士山の写真の数々を楽しむ。
どの写真も個性的だ。
富士山の写真って、本当にたくさんの人が撮るから、余程工夫しないと個性的な写真を撮るのは難しいですね・・・
ミュージアムの職員に語ったその言葉は、それらの写真を見た私の偽らざる印象だった。
今回も沢山の富士山写真を撮ったが、いずれも「どこかで見たような写真」ばかりで自分の個性が出ているとは言い難い。

よし。
今年の目標ができた。
・自分ならではの富士山の写真を少なくとも1枚撮る
そして・・・
・富士五湖周回全制覇!!
チャレンジしてみるか。

 

<後日談>

「一面の夕焼けを背景にした富士山」の写真だが、むしろ東京からうまく撮ることができた。
東京から見た夕富士
今回の河口湖周遊から一夜明けた1月10日、東京・江戸川区臨海町の荒川堤防より撮影

やはり富士山を西に臨む方向(東京のほか山中湖とか)からでないとこういう写真は難しい。

 

<撮影ポイント等map>

より大きな地図で 河口湖撮影ポイント を表示

河口湖周遊(1)

河口湖北岸にて朝を迎える。天気は雲一つ無い快晴。

逆さ富士
【逆さ富士(1)】宿の近くの北岸から。富士山が河口湖にくっきりと映っている。

今日は河口湖を一周する予定。余計な荷物をコインロッカーに預けるためまずは河口湖駅へ向かうことにする。

最寄りのオルゴールの森のバス停に到着し、時刻表を見ると・・・

始発が9時36分

現在の時刻は・・・9時。

この寒い中じっと待っているのは苦痛だ。動いた方がましである。
歩こう

という訳で、駅まで歩くことにする。
途中、河口湖大橋の東側を歩く。
20110109_2
【逆さ富士(2)】河口湖大橋からも見事な逆さ富士を拝むことができた。

駅のコインロッカーに荷物を預け、船津の河口湖東南端に出たところで、10時10分、いざ河口湖周遊開始! 時計回りの方向で進み始める。

暫くの間、富士山は死角に入ってその姿を拝むことはできない。先ほど渡った河口湖大橋の南詰を越え、八木崎公園に入ったところでようやく見えてきた。
八木崎公園から見る富士山
【八木崎公園から見る富士山(1)】
八木崎公園から見る富士山
【八木崎公園から見る富士山(2)】
八木崎公園から見る富士山
【八木崎公園から見る富士山(3)】

公園を出ると富士山はまた死角に入ってしまうが、シッコゴ公園の横で南に方向が変わったところで、再び民家の上に壮大な白峰が姿を見せる。
民家の向こうに見える富士山

しかし、ここを越えるとまた富士の峰は死角に。再び見えたのは遊歩道の途中にある谷崎潤一郎文学碑を過ぎた地点。緑の森の上に白い頂がちらりと顔を見せる。
谷崎潤一郎文学碑近くから見えた富士山
ここが南岸で富士山が見える最後のポイントだった。次に富士山が見えるのは北岸へ移ってからとなる。

暫く遊歩道を歩くと国道沿いに道の駅が見えてきた。ちょうど腹が減っていたのでここで昼食。富士吉田では有名らしい「イトリキカレー」が出されていたので注文してみた。小麦粉を使わずに塩とカレー粉だけで作っているのが売りらしいが、粘り気の強いキーマカレーを頼んでしまったので小麦粉を使っていないという特性は余り伝わってこなかった。味は上々。

胃袋を満たしたところで再び出発。程なくして「奥河口湖」の看板が見えてくる。ここが河口湖の西端だ。
奥河口湖

取りあえずここが中間チェックポイント。ここから先が後半戦だ。

(長くなるので2回に分けます)

>>後半に続く

<撮影ポイント等map>

より大きな地図で 河口湖撮影ポイント を表示

衝動的に・・・河口湖

午前。自宅から富士山が(ビルに邪魔されながらも)くっきりと見える。

連休…
いい天気…

あの富士山を間近に見たい!

ということで・・・
衝動的に・・・
河口湖に来てしまいました!

新宿から高速バスで2時間弱で河口湖駅に到着。駅舎の向こうに逆光ながら富士山がくっきりと見える。
河口湖駅
湖畔に出て、湖の向こうに富士山が見えるロケーションを求めて北岸へと足を進める。やがて、山の陰に隠れていた富士山が顔を出した。
河口湖大橋の下を抜け、オルゴールの森を過ぎたあたりで撮影心をくすぐる景色になってきた。ちょうどいい所に民宿があったので素泊まり4700円で泊めてもらうことにする。窓から富士山と河口湖がしっかりと見える。

宿で荷物を下ろした頃には陽が大きく西に傾いていた。
富士山
少し早いが、夕富士を撮りに行くことにした。
しかし、少し出るのが早すぎた。空が赤くなるまで少し待たなければならなかったのだが、先ほどまでとは比べ物にならないほど冷え込んできた。かじかむ指をこすりながらカメラのシャッターを切る。
雲ひとつ無い空の西側が赤く染まってきた。しかし、空全体を染めるまでには至らず、真南にある富士山の周りは、山裾こそ赤く染まっているものの頂の更に上は青さを留めていて期待していた「赤富士」とまではいかなかった(写真はホワイトバランスを調整=色温度を高くしたもの)。
夕富士
明日は周囲約20kmの河口湖をコルラする予定。

↓夕食にいただいた甲府名物・ほうとう。冷えた体が温まる。
ほうとう

>>2日目に続く

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>