バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

ダライ・ラマ法王、政治からの引退を提案へ

チベット民族蜂起から52年目の記念日の今日・・・

ダライ・ラマ法王がついにかねてからの決意を実行に移す運びとなった。

========================================
ダライ・ラマ14世、「政治からの引退」を提案へ
http://www.afpbb.com/article/politics/2789776/6937518
2011年03月10日 15:14 発信地:ダラムサラ/インド

【3月10日 AFP】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(75)は10日、インド・ダラムサラ(Dharamshala)で1959年のチベット動乱から52年の演説を行い、政治的権限を「自由な選挙で選ばれた指導者」に譲る時が来たと述べて、チベット亡命政府の政治指導者の立場から引退する意向を表明した。

 来週のチベット亡命政府議会で、引退を認める法改正を提案するという。

 ダライ・ラマ14世は、「責任を軽くしたいから権限を移譲したいのではない。チベット人の長期的な利益を考えてのことで、私の意志がくじかれたからではない」と語り、政治的立場を退いた後も「チベットの大義のための役割は果たしていく」と強調した。
========================================

法案が通ればの話だが、実現されれば、法王様もようやく宗教的な活動に専念できる・・・
はっきり言って、法王様忙しすぎ。昨年奈良や広島を訪れた際もフラフラの状態を押して来日されている。75歳を超えたご高齢を考えれば、公務が減るのは望ましいことだ。
民主主義・政教分離という観点からもあるべき方向性だろう。法王様がトップダウンでなく「引退を認める法改正を提案」という民主主義的な手法で引退を実現させようとしている点に、法王様の「民主チベット」への強い決意を窺うことができると言えるかもしれない。

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>