バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

トークイベント『ラダックの生活とトーキョーの生活~ちょっと立ち止まって考えてみる~』

ラダックの旅の際にお世話になった、ストクの「にゃむしゃんの館」を経営する日本人女性・池田悦子さんが、旦那さんのワンボさん、『ラダックの風息 』著者の山本高樹さん、大阪大学助教の津田和俊さんを交えて「ラダックの生活とトーキョーの生活~ちょっと立ち止まって考えてみる~」というタイトルのトークイベントを、國府田典明さんとモコメシの小沢朋子さんの主催で東京・渋谷の「SUNDAY ISSUE」にて開催。池田さん、ワンボさんは勿論、山本さんともラダックの現地からブログを発信した際に何度かコメントを頂いた縁があり、スケジュールを調整して駆けつけました。

イベント開始前に、池田さん、ワンボさん、山本さんと歓談。ようやく対面が実現できた山本さんからはご著書にサインを頂きました。

トークイベントは、山本さんがまずラダックの概要を紹介。それを受けて池田さんがラダック・ストクでの農村生活を季節を追って紹介。更に津田さんが研究テーマである「サステナブルデザイン」「都市・農村連携」という観点からラダックの農村生活について語ってくれました。
特に、津田さんが追究する「サステナブル(持続可能)」というテーマに、ラダックの農村という題材はうってつけ。「雪解け水という持続可能なinputを受けて、ヤクやゾ、牛の糞という持続可能な資源から燃料をoutputしている」などのお話がありました。また池田さんの話の中に「ラダックの農家では1階を家畜小屋にして、2階から上を人間の居住スペースにしている。それは家畜の糞などから出る熱が2階にまで伝わって、天然の床暖房になる」ということ(実はこの話、ラダックで池田さんから既に聞いていましたが)がありましたが、これも「持続可能なエネルギー」と言うことができるでしょう。

ストクの「にゃむしゃんの館」で農村生活を池田さんに解説してもらった際
「ラダックの農村生活は至る所で再利用が行われていて、無駄が無いな」
ということを感じたものですが、今回のトークイベントで、それが何故か、少し分かった気がしました。
「ラダックではinputが(日本などと比べて)少ない分、何一つ無駄にできないのではないか?」
逆に、日本のことを考えてみると、
「日本の都市生活では、inputが多い割には、“持続可能な”inputは少ないな」
「そして、inputが多い割には、(持続可能な)outputが少ないな」

即ち、
「日本社会って、余りに無駄が多すぎるのではないか?」
ということを再認識させられた次第。

日本でも昨年の震災以来、「節電」ということが盛んに言われるようになっているが、それは「原子力 or not」という観点ばかりで論じられてはいないか?
もっと、「サステナブル(持続可能) or not」という観点から、エネルギー問題のことを考えるべきではないか?

ということを、今回のトークイベントで深く考えさせられました。

その他、高地ならではのラダック事情も興味深く聞かせて頂きました。
「標高が100m変わるだけで、獲れる農作物が違ってくる」
「標高の低いところから、文化・生活習慣が変わってくる」
等々。

 

さて、トークイベント終了後には、主催者のモコメシさんから、池田さん伝授のレシピによる食事がふるまわれました。
今回のメニューは、勿論ラダック料理! モモ(チベット式ギョーザ)、スキュー(『にゃむしゃんの館』でも夕食に頂いた、パスタのような小麦の食材とジャガイモなどを煮込んだシチュー)に舌鼓。
モモとスキュー
会場では、ラダックの写真が展示されたほか、ラダックで手作りされた、ヤクやブルーシープ等をモチーフにした編みぐるみなども販売されていました。
ラダックの写真

ヤクの編みぐるみ

 

池田さんとワンボさんは来週、ラダックに戻られるとのこと。今回の来日では3度もお会いすることができましたが、今度はまたラダックでお会いしたいものです。

新カメラ「Nikon1 V1」

新しい職場になってから、悩みがあった。
前職では10時出勤で朝の通勤列車(東京メトロ東西線)の混雑ぶりはまだましだったが、今回は9時出勤。午前8時台前半の地獄の通勤ラッシュともろにぶつかってしまうようになってしまったのだ。

しかし、人ごみの中で身を押し潰されるぐらいなら、まだ我慢できる。
悩みは、そこではない。

一眼レフカメラを毎日持ち歩くことができなくなったことだ。

私の一眼レフはNikon D90。一応、ミドルクラスのデジタル一眼なのでまずまず大きく、これを入れたカバンを満員電車に持ち込むなど迷惑行為以外の何物でもなく、カメラ自体も壊れる危険性に晒されてしまう。

でも、チャチなコンデジは使いたくない…
何かデジタル一眼のサブ機として使えるカメラは無いか…

あるではないか。
最近はやりの、ミラーレス一眼というものが!!

Nikonユーザの私としては、昨年出たNikon1が気になるところだが、お店で手にしてみたところ、絞り優先・シャッタースピード優先等の撮影モードや、ISOなどの設定がダイヤルだけで調整できない操作性の悪さが気になり、どうしようかと二の足を踏んでいた。
しかし、これに決めた。
決め手は、専用マウントを使えばNikonのデジ一のレンズが使えるということだ。
もう一つは、J1とV1の2つのラインアップのうち、V1はミラーレス一眼では珍しくファインダーが標準装備されていることだった。

「写真撮影はファインダーを覗かないと! 液晶モニターでは撮影してる気になれない!」

柄にもなく保守的だが、こういうこだわりは大事にしたい。

 

という訳で、購入しました!

Nikon デジタル一眼カメラ Nikon1 V1 薄型レンズキット ブラック
Nikon1 V1

ダブルズームキットもあるのだが、今回は携帯性を求めていたので、この薄型単焦点レンズのキットを選んだ。
レンズの薄さはこんな感じ。
Nikon1 V1

 

背面はこんな感じ。(私自身は液晶使わないで撮影するつもりだが、参考までに液晶を点けて撮影)
Nikon1 V1

 

そして、先にも書いたように、↓の専用マウント・Nikon マウントアダプター FT1を装着すればNikonの従来のデジタル一眼で使用されているレンズを使うこともできる。
(但し、Nikonの純正のものでないと動作は保障されないもよう。試しにTAMRONのズームレンズを装着してみたが、残念ながらAF使用時にまともに動いてくれなかった)
Nikon マウントアダプター FT1
右側に見える出っ張り部分には三脚ネジがある。大型のレンズを使用する場合には、カメラ側ではなくこちらを三脚で固定できるという寸法だ。
試しに、手元にあった55―200mmのズームレンズを着けてみた。
Nikon V1
このレンズはまだコンパクトで軽いから比較的バランスがいいが、本格的な望遠レンズとか着けるとちょっとボディのコンパクトさとアンバランスかも…

 

で――
肝心な使用感は…

今日買ってきたばかりなのでまだ。

本格的な使用は明日以降。どんな写真が撮れるか、楽しみだ。

100人100旅・「旅PHOTO」写真展@東京・新宿タリーズコーヒー

私も参加している『100人100旅第5弾 旅PHOTO―旅人からの贈り物』参加者が作品を持ち寄った写真展が東京・代々木、函館、名古屋を巡回して再び東京に戻って来て2012年4月1日~30日の間、新宿御苑近くのタリーズコーヒー新宿二丁目店にて開催されています。

100人100旅写真展@タリーズコーヒー新宿二丁目店

100人100旅写真展@タリーズコーヒー新宿二丁目店

100人100旅写真展@タリーズコーヒー新宿二丁目店
※写真はいずれも3月31日深夜の設営作業時のもの

約40人の旅人たちが世界各地で撮ってきた自然・街・世界遺産・人の素敵な写真を一杯のコーヒー代を支払うだけで楽しむことができます。

新宿までお越しの際はぜひお立ち寄りを。コーヒー片手に世界旅行の気分はいかが?

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>