バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

チベット虐殺でスペイン裁判所が江沢民らに逮捕状

もうすいぶん前になるが、スペイン最高裁が「普遍的管轄権」を行使してチベットの虐殺・拷問の問題で中国法務部代表8人に召還を通達したというニュースを当ブログでも書き込んだ。

当時の記事→チベットの人道的侵害でスペイン最高裁が判決

「普遍的管轄権」について今一度解説すると、「犯罪の重大性に鑑みて、司法及び執行管轄権を普遍的に(つまりは国境を越えて)行使できるという権利」であり、ジェノサイド、人道に対する罪、戦争犯罪などに適用される。

あれから4年――再びスペインがやってくれた。同事件に関して、今度は全国管区裁判所が更なる大物・江沢民元国家主席や李鵬元首相に「逮捕状を出した」というのである。スペイン国籍のチベット人が所属する団体が提訴したことで、今回の裁判が行われるに至ったようだ。

ダラムサラ在住の中原一博さんのブログ「チベットNOW@ルンタ」より
江沢民など元中国指導部の5人に逮捕状 スペインジェノサイド裁判

その他の主なニュースソース

報道によると、今回逮捕状が執行されたのは、江沢民・元国家主席、李鵬・元首相、喬石・元公安局長、陳奎元・元チベット自治区書記、彭佩雲・元家族計画大臣の5人。2009年に最高裁が召還命令を出した8人(張慶黎、王楽泉、董貴山、梁光烈、耿惠昌、孟建柱、李德洙、張国華)と重複する名前は無く、今回の動きは4年前と同じ罪で4年前とは別個に更に別の人物を裁いた、ということになる。しかも今回は前回以上の大物の名前が並び、「逮捕状」というものものしいものまで出ている。ちなみに1989年のチベット虐殺の主犯と言えば、当時チベット自治区書記長だった前国家主席・胡錦濤となるが、中原氏のブログによると、彼にはまだ逮捕状こそ出ていないものの、既に起訴はされているという。

今回の判決が重要な意味を持つポイントは、

  • スペインという先進国がチベットにおける事件を「重大な犯罪」であると断定したこと
  • 中国の元国家主席が中国国外において有無を言わさず逮捕される可能性が発生した

ということである。前回のブログ記事でも書いたように、スペインは日本と司法共助条約を結んでいるので、彼らが日本に来たらインターポールによって逮捕される、ということも十分にあり得るのだ。
特に、江沢民容疑者――彼は一時死亡説も出た(日本の某新聞が誤報の死亡記事号外を出すという大醜態をさらしたりもした)が、このまま畳の上で死なせはしない。せいぜい長生きして、首を洗って待ってもらおうではないか。

当然のことながら、私は今回のスペイン裁判所の決定を全面支持する。これに追随する気骨の国が更に出ることを期待して…。

ダライ・ラマ法王と科学者との対話

敬愛するダライ・ラマ14世猊下が今年も来日された。ここ最近余裕が無くチベット支援活動や関連行事に全く参加できていない私だが、今年は何とか法皇様のお言葉を直接拝聴したいと、ギリギリの時間を割いて1つだけイベントに参加した。

ダライ・ラマ法王と科学者との対話「宇宙・生命・教育」

このイベントは、仏教以外のサイエンス、教育等の専門家を招いて仏教と科学が共存するところに人類の将来を考える、というものだ。法皇様がオープニングスピーチで、そしてこれまで拝聴してきた法話等で繰り返しお話されてきたように、仏教は分析し、考えるというプロセスが極めて重視される。従って、仏教と科学は極めて親和性があるというのだ。
この日のイベントは午前の部、午後の部があった。私が参加した午前の部では、コスモス・セラピーの研究者、数学者、教育者がスピーチを行い、それに基づいて法皇様がコメントをする、という形で進行した。

心の安寧
合理性
人と人との繋がり

私たちの考え方では一見仏教と相容れないと思われる科学分野が、こうして見ると意外な仏教との接点を持っていることに気づかされた。

それにしても驚かされるのが、ダライ・ラマ法王の飽くなき探究心。もう長年にわたって異分野の科学者たちの言葉に耳を傾けているというから敬意を表するしかない。こうした探求が仏教を発展させ、その先にはチベット、そして世界の平和と発展がきっとあるに違いない。そしてそれらの探求は、法皇様の脳細胞を活性化させ、法皇様のご長命にもきっと繋がるに違いない。

それにしても、もったいなかったのはモデレーター=進行役の池上彰氏の立ち位置。進行役としてよりも対話の真ん中にいてほしい方だったので、その意味での期待外れ感は否めない。
法皇様と池上氏との対話ということなら、以下の本を読んでみるといいかも。

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>