バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

カメラの祭典 CP+(2015年)

今年もパシフィコ横浜で、カメラの祭典・CP+が開催され、最終日の2/15、朝から出かけてきました。
パシフィコ横浜

各カメラメーカー、カメラ周辺機器メーカーが一同に会し、会場は大賑わい。私も気になるカメラをあれこれ触ってみた。

※以下、サンプルとして掲載する写真は、撮ったサイズ(カメラによって異なる)そのままの写真から同じピクセル数のサイズを切り出したものです。

Nikon フルサイズデジタル一眼 D750

昨年、NIKONのフルサイズ一眼レフD610を買ったのだが、その半年後にこれが発売されて、「こっちの方がよかったぞ!」と悔しい思いをした(私がカメラやレンズを買うとすぐにもっといいものが出る、というジンクスがなぜかある)。画素数はD610と変わらないのだが、高感度ノイズの軽減やバリアングル(背面液晶モニターが自在に動く機能)など、D610に近いクラスながら改善点の多い機種だ。
早速NIKONブースでモデルさんを相手に試してみたが、使われていたレンズがF2.8と超明るいレンズだったこともあって、室内であるにもかかわらずISO200で全くブレを起こさずにきれいな写真を撮ることができた。
D750で撮影した写真
※クリックで拡大

今回持っていったAPS-Cの一眼レフD90(上記のD610は折悪しく入院中だった)とF値の限界が4.1のレンズでは、どうしてもISO1000以上は必要で、↓みたいな感じが精一杯だった。その差は一目瞭然。
D90で撮影した写真
※クリックで拡大

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII

2015年2月20日発売予定の新製品。PENなどのミラーレス一眼の名作を出してきたオリンパスの新作である。売りは手ブレ補正機能、防塵・防滴、描写性能らしい。
手にしてみて、まずファインダーがあることにほっとした。私に言わせれば、ファインダーの無いカメラなどカメラではない。ファインダーではなく背面液晶モニターを見ながら撮影するなど「手ブレ写真を撮って下さい」と言っているにも等しい。
ファインダー越しにモデルさんを捉え、シャッターを切ってみる。

※クリックで拡大

1/60秒と十分なシャッター速度になったので、手ブレ補正機能を実感するには至らなかった。拡大すると少々高感度ノイズが見られるが、ISO1000を超えているので、このくらいならまあ発生してしまうだろう。以前のISO1000に比べれば遥かにましだ。
上記のD90の写真と比べてもそんなに悪くはない。ミラーレス一眼としてはなかなかいいものが出たのではないだろうか。

CANON フルサイズデジタル一眼 EOS 5Ds

2015年6月発売予定の新製品。有効画素数約5,060万画素というお化け一眼レフだ。
(ちなみにそれまでのトップがNIKON D810の3,630万画素)
さすがにその解像度は半端ではない。ディテールまで実に細やかに撮ることができる。(残念ながらサンプル画像はなし)
ただ、値段も半端ではない。発売前だが、予約価格はボディーだけで約50万円…私の手が届くことは無いだろう。

TAMRON 広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8 Di VC USD A012

旅写真や風景写真を撮っていると、どうしても広角に撮れることが必要になってくる。そんな訳で昨年、フルサイズのD610を購入した訳だが、次はフルサイズ対応で更に広角に撮れるレンズがいつかは欲しい。
今のところ、候補はNikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5Gあたりなのだが、新たな候補の登場か?――と思ったのだが、重さ1100gは、旅行に持ち歩くにはちょっときついな…

●VANGUARD トラベル三脚VEO 265AB

VEO 265AB2015年4月発売予定。トラベル三脚は既に持っているのだが、気になるものがまた出た――何? 重量1.68kgで耐荷重8kgって? 1つ下のランクのVEO 235ABでも耐荷重6kgらしい。
今のトラベル三脚が壊れて使えなくなったら、これ検討してみようかな。

製品だけではない。トークショーや講演会もCP+の楽しみだ。

●「旅写真のシャッターチャンス」―織作 峰子さん

織作さんは人、私は風景や遺跡と、メインとする被写体は違うものの、いろいろ教えられることはあった。特に、
「まずはシャッターを押して下さい」
「人の写真を撮る場合、シャッターを押さないと、(心理的に)押せなくなりますよ」
というのは金言だった。

「写真とともに生きる私たち」―ハービー山口さん、安田菜津紀さん

「写真とともに生きる私たち」―ハービー山口さん、安田菜津紀さん今や「サンデーモーニング」でコメンテイターも務める安田菜津紀さん(今回のトークショーでハービー山口さんに『ナンシー』というニックネームを命名されていました)。なぜ安田さんがカンボジアに渡り、ヨルダンに渡り、被災地に足を運ぶのか、その原点が少し分かってきたような気がしました。

●「情熱のセカンドライフ!D750と訪ねたインドネシア、ミャンマーの車両たち」―中井精也さん

中井精也さんトークショー「ゆる鉄」写真家中井さんが、インドネシアとビルマ(ミャンマー)に渡った日本の電車のセカンドライフを撮りに行った旅の報告をしてくれました。中井さんの軽妙なトークに、会場は終始和やかな雰囲気。講演後、中井さんからサインを頂いた上に一緒に写真まで撮って頂きました。

写真界の最新トレンドに触れることができて、実に楽しい1日でした。
この刺激が、物欲と衝動買いに転じないように気をつけよう…

神奈川からの富士山

朝、テレビを見ていると、江ノ島で富士山がよく見えている生中継映像…。
今日は富士山日和のようだ。カメラを片手に出かけてみる。

去年に続き、今年も富士山をいろいろな場所から撮りたいが、わが地元・川崎も場所によっては富士山がよく見える。高層マンションから見れば確実に見られるだろうが、まずは「許可なく立ち入れる」範囲内で自宅近くのビューポイントを探してみる。
目をつけたのは、幸警察署横の歩道橋。ここからなら…

見えた。

川崎市・幸警察署横の歩道橋から

頭だけちょっと…

もうちょっと足を伸ばして、横浜に行ってみることにした。

訪れたのは、みなとみらいの横浜港大さん橋国際客船ターミナル。ここの屋上広場から富士山が見えるという。
到着してみると、屋上広場の西側に大きな船が停泊していた。これに隠れて富士山が見えないのではないかとやきもきしたが…

横浜港大さん橋国際客船ターミナルからの富士山
しっかり見えてくれた。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルからの富士山
もうちょっと引いて。赤レンガ倉庫と富士山のコラボ。

もう1箇所、桜木町近くに富士山ビュースポットがあるというので訪れてみた。
その場所は、丘の上にある横浜能楽堂。どんな場所だろう?と思って行ってみたところ、以前旅仲間たちと花見や花火で訪れたことのある公園の隣だった。
カメラを持ってそれらしき場所へ行ってみると、能楽堂のガードマンさんが「そのあたりから見えますよ」と教えてくれた。しかし、富士山は垣根と電線の間からやっとのことで見える程度だった。
横浜能楽堂からの富士山
トリミングしてやっとこれ。

「前はそこ(能楽堂の自動車入り口)の横からすっきり見えてたんですけどね。あそこにマンションが建ち始めて…」
そう。ここからならすっきり見えるはずなのに、というポジションに立つと、建設中のマンションが富士山との間に入ってしまう。何て無粋なことをしてくれるのだろう。
「あそこに自動販売機があるでしょう。あそこからなら見えますよ」
ありがたいアドバイスを頂いて行ってみたところ、急な階段の上からようやく、いい感じで富士山を拝むことができた。
横浜能楽堂からの富士山

最後に、朝の時間にテレビで見た江ノ島へ向かう。桜木町から横浜で乗り換え、大船からぶら下がり式の湘南モノレールに乗り、江ノ島駅で下車。しかし、そこからそのまま海へ向かうと、江ノ島そのものに突き当たってしまった。
これでは駄目だ。自分が撮りたいのは、江ノ島と富士山がセットになった写真である。海岸に出て少しずつ東に向かうが、意外にも砂浜からは富士山が見えてこない。腰越漁港の桟橋の端っこまで歩いてようやく、理想の場所を見つけることができた。
夕日の江ノ島と富士山
折しも夕刻。富士山と江ノ島が美しく夕日に染まる。


湘南の街と夕富士。

霞のない今の時期は絶好の富士山鑑賞シーズン。条件のいい日を逃さずに、今年も撮り続けたい。

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>