バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

日本の東京・新橋で台湾麺線に舌鼓

2013年の元日に中華民国・台湾の台中で「麺線」を食べた時から、あの海の幸の旨味が怒涛のように押し寄せてくる味が頭にこびりついて離れない。
そんな折、東京・原宿に台湾茶カフェ「彩茶房」が進出し、そこで麺線も食べられるというニュースを目にした私は思わず、

「わぁぁぁ。日本で台湾の麺線も食べられるのか。これは行きたい!」

と、twitter上でつぶやいていた。すると、程なくしてそのつぶやきが「台湾麺線」というアカウントにお気に入り登録された。興味がわいたのでそのアカウントにアクセスしてみると、

「新橋の台湾麺線専門店です。2014年10月リニューアルオープン!麺線・魯肉飯・鶏排・茶葉蛋・火鍋・酸梅湯など台湾にどっぷりつかった料理をご用意しています」

とのこと。

――新橋?

私の職場から徒歩圏内ではないか!!

ということで、この日の夕食は決定。7時すぎに仕事を切り上げると、職場から即その店へと向かう。歩いて大体15分程度だった。

台湾麺線
※タブレットで撮ったので画質悪いです。

その店は、環二通りと日比谷通りの交差点のほど近くにあった。駅で言えば新橋と御成門のほぼ中間。外から見ると間口が小さく、ちょっと隠れ家的存在にも思えたが、店内は割と広くて明るい。
台湾麺線のメニュー
メニューはこんな感じ。折しも夜だったので、「夜の台湾麺線セット」を注文する。
「パクチーと辛いのは大丈夫ですか?」
日本人にパクチーが苦手な人が少なくないからか、そう尋ねられた。かつて大陸中国で不味いパクチー(現地名『香菜』)を食べさせられていた頃は私も苦手だったが、本当においしいパクチーを知ってからはむしろ大歓迎だ。辛いのも大好きなので「大丈夫!」と元気よく答えた。

出てきたのは、茶碗一杯の魯肉飯(台湾式の肉丼)と、でっかいどんぶりに入った、金色に輝く(は言い過ぎかもしれないが、私にとってはそのくらいまばゆい)麺線。麺自体はそうめん程の細さなのだが、これだけ分量があると結構腹持ちがいい。
麺線
台中で食べたものと比べると牡蠣の風味に欠け、酢の味が若干強く感じられたが、それでもカツオやホタテ?などの海鮮ダシがきっちり効いていて十分に美味。麺も煮崩れすることなくしっかりとしている。パクチーとの相性も抜群だった。ほのかに甘い肉とトロリ半熟卵の魯肉飯にも大満足だった。

いや、いい店だった。また来ます!

あと、原宿の「彩茶房」にも、機会があったらぜひ行きたい。

台湾麺線
〒105-0004
東京都港区新橋5丁目22−2
03-6435-6032
http://mensen.asia/

駿府~家康公ゆかりの地

富士山頂の天気がいいという予報だったので、田子の浦あたりで富士山撮影を、と思って青春18きっぷ消費がてら東海道線で静岡・富士市へ。しかし、天気予報とはうらはらに、富士山には非常に残念な雲…
そのまま帰ろうかという思いも頭を一瞬よぎったその時、電車内の「家康公四百年祭」という中吊り広告の文字。そう。今年は徳川家康公没後400年の年だったのだ。
衝動的に行き先を富士市の更に先の静岡市に変更。家康公が少年期、円熟期、晩年期を過ごした駿府の地に建てた駿府城の跡を訪れてきました。

駿府城の巽櫓
東御門と巽櫓

天守などの当時の建物こそ残っていないものの、石垣や、再建された東御門(ひがしごもん)、巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)などが、家康公当時の姿を思い浮かべる助けになりました。

駿府城の坤櫓
坤櫓

「今朝は富士山が見えてたんですけどね」
と、坤櫓の係員さん。
もしかすると、家康公がこの地を居に選んだのは、富士山がよく見えるからではないだろうか?などと勝手に想像してしまった。そう思うと、400年も前の偉人に、にわかに親近感がわいてしまいました。

徳川家康像
徳川家康像

「チベット自治区」50周年

1965年9月1日。
独立国チベットを土足で踏みにじった侵略者である、「中華人民共和国」を名乗る中国共産党がチベット中央部のウ・ツァンを中心に「チベット自治区」をでっち上げた。
今日2015年9月1日はそれから50周年に当たる。

中国共産党当局はチベットの経済発展を強調してチベット統治が正しかったというプロパガンダに終始するが、その実、中国共産党はチベット人が経済的な豊かさよりも大切にするチベット仏教をないがしろにし、チベット人が心より尊敬する聖人ダライ・ラマ14世に汚い罵声を浴びせ続ける。当然のように、彼らの統治は、チベット人の支持を全く受けていない。

昨今の相次ぐ焼身抗議などが示すように、中国共産党のチベット統治は疑いなく誤りであり、既に破綻している。

チベットの1日も早い「解放」を、あらためて心の底より願う。

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>