バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

2016年GW 平泉

新花巻から移動して訪れた場所は、平泉。奥州藤原氏と源義経ゆかりの街である。20年ほど前に一度訪れたことがあったのだが、素通りするのも勿体無かったので再訪してみることにした。

この街の史跡巡りは巡回バス『るんるん』を400円の1日フリー乗車券で使うのがお得。ただ、最初に目指す場所はバスのタイミングが悪く、歩いて行った方が早かった。
まず訪れたのが、毛越寺。850年に円仁が創建し、奥州藤原氏によって多くの伽藍が造営されたという古刹だ。

毛越寺
自然美と伽藍の見事な調和。
毛越寺の庭園
毛越寺は広い池のある庭園も見どころだ。

そして、『るんるん』に乗って、この街のシンボルである中尊寺へ。これもまた、毛越寺と同時期に築かれ、奥州藤原氏の歴史を見つめてきた証人だ。その中でも一番の見どころまでは、緩やかな山道を上った一番奥の方にある。
中尊寺入り口
その途中にも幾つもの堂が建っているが、いずれも当時の雰囲気を残す、味のある木造建築だ。

中尊寺弁慶堂
平泉で絶命した武蔵坊弁慶を祀った弁慶堂。
中尊寺観音堂
観音堂。

そして、参道の入り口から10分ほど歩いた場所にある、一際立派な寺院が中尊寺の本堂(明治時代再建)だ。
中尊寺本堂
ご本尊は丈六仏(お釈迦様の身の丈が1丈6尺=約4.85mあったという伝承からその大きさで造られた仏像)の阿弥陀如来像。
中尊寺本堂ご本尊

しかし、中尊寺一番の見どころは本堂ではない。その更に奥にある有料エリアこそが、中尊寺のメインだ。
中尊寺金色堂
金色堂
表から見えるのは、コンクリート製の「覆堂」のみで、金色堂はその中で大事に保存されており、内部は写真撮影も認められていない。それだけにきっちりと目に記憶に焼き付けようとしっかりと拝んできた。
この金色堂を見るのはこれで2度目。金色のまばゆさに嘆息したのは以前も今回も同じ。奥州藤原氏の栄華を物語る、平泉随一の歴史遺産であることは疑いない。
しかし今回は、以前には無かった視点があった。
それは、仏様を敬うという心である。
前回ここに来た時、私は信心の無い無宗教だった。しかし2007年のチベット訪問以来、私の内側に仏教への信仰心が芽生え、仏様に対する敬意を育んできた。今回この金色堂に対面した私は、まばゆい金色に目を奪われるのと同時に、いやそれ以上に、お堂の中に並び立つ金色の仏像の柔和なお顔と優しげなたたずまいにもまた心引かれたのだった。その柔和さと優しげなたたずまいは、当時この地でも信じられていた浄土信仰を反映したものなのだろう。

中尊寺の丘を下って、再び『るんるん』に乗り次の目的地へ。バスを降りて階段を上がった先には、北上川が奥州の大地に横たわっている。
北上川
北上川を見下ろす堤の上にあるのが、義経堂。ここはかつて奥州藤原氏の居所・衣川館があった地で、兄である源頼朝と不和となって逃れてきた源義経がここで果てている。その後、江戸時代に伊達藩によって建てられたのがこの堂だ。
義経堂
堂内には、
義経堂義経像
堂内には義経の木像が安置されている。「平家物語」では義経が不細工であったかのような平家方の台詞もあったようだが、なかなかの男前に彫られている。

そして、その近くには松尾芭蕉の句碑がある。そこに彫られている句こそ、あの有名な
義経堂芭蕉句碑
夏草や 兵どもが 夢の跡
この地で栄華を極めながら滅んでいった奥州藤原氏と、平家討伐で名を上げながら散っていった義経に思い詠った名句である。私が訪れたのはまだ春だったが、芭蕉もまた北上川の見えるこの地で、この草生い茂る風景を見ながら歴史に思いを馳せていたのだろう。

それにしても、ゴールデンウィークの平泉はもっと混んでいると思っていたのだが、それ程でもなかった。それどころか、史跡を巡る周回バス『るんるん』の乗客が私1人だけという場面もあった。
震災から5年――「観光で東北支援を」ということが言われているが、まだ観光客の足は戻せていないのかもしれない、と思った。

これで一応、今回の旅の目的は達成。あとは自宅のある川崎まで下るばかりだ。
できるだけ鈍行で下りたいと思い、平泉から新白河まで使うことができるフリーきっぷ「小さな旅ホリデー・パス」で行けるところまで行くことにする。
松島
途中、宮城県の景勝地・松島を通過。

仙台駅
仙台駅でちょっと乗り継ぎ待ち。
仙台みやげ
仙台のお土産。これで宮城も立ち寄ったことにしよう。

福島駅でも乗り継ぎがあったが、待ち時間が短く買い物も満足にできなかった。

郡山まで来たところで、時刻は20時半。頑張れば川崎まで鈍行で帰ることも可能だったが、翌日仕事だったこともあり、ここで鈍行にこだわり続けるのは断念。郡山から大宮までだけ、新幹線を利用した。
22時50分、川崎駅に到着。青森、岩手を中心に、秋田、宮城にも足跡を残した足掛け1週間の旅が終わった。

今回は、青森が初めての訪問だったこともあって、青森で随分時間を使ってしまったが、東北エリアで未到達の県はあとは山形だけだ。
次の機会には、山形を絡めて再び鈍行での東北縦断に挑戦してみるかな?

2016年GW 花巻

午前中は、新花巻駅近くの宿から徒歩圏内の場所を訪れる。

花巻と言えば、彼の地で生まれ育った宮沢賢治。新花巻駅前にも「セロ弾きのゴーシュ」のレリーフがあったりもした。
「セロ弾きのゴーシュ」のレリーフが

新花巻駅から国道456線に出て、釜石線の踏切を渡り、釜石自動車道をくぐり、歩くこと約20分。賢治ゆかりの施設が集まったエリアに行き着く。目指す場所は、ここから更に階段を上った先の丘(胡四王山)の上だ。

宮沢賢治記念館への階段
階段には1段1段に平仮名が書かれていて、続けて読むと賢治の詩の代表作「雨ニモマケズ」になる。
山猫軒
階段を上った先にはまず、「注文の多い料理店」をモチーフにしたレストラン「山猫軒」がある。

その先にあるのが、今回の目的地である宮沢賢治記念館だ。
宮沢賢治記念館
この記念館は賢治の関心の対象であった各方面の科学・芸術にスポットを当てたものだった。童話的なファンタジーの世界という雰囲気とは違うが、彼の博識ぶりと、その知識がいかに童話にちりばめられているかを知ることができる。
そんな中、作家としての賢治の作業を垣間見ることができたのが、「銀河鉄道の夜」ができるまでを追った展示だった。構想から作品の完成に至るまでいかに紆余曲折があったかを窺い知ることができ、文学作品を作るということがいかに大変な作業なのかがよく分かる。
宮沢賢治記念館から望む花巻の街
記念館のバルコニーからは、花巻の街を一望することができた。

先ほど上ってきた階段を下りてすぐの場所にあるのが、宮沢賢治童話村だ。幾つものコテージで、賢治の童話にも垣間見える花巻の自然に関する展示が行われているが、ここの売りは何と言っても「賢治の学校」だ。「ファンタジックホール」「宇宙」「天空」「大地」「水」の5つのゾーンで、賢治の童話の仮想世界「イーハトーブ」を幻想的に感じることができる。

このエリアには他にも花巻市博物館があったが、時間の都合でパス。花巻を後にして次の目的地へと向かう。

ところが、新花巻からはJR釜石線で花巻に出て、そこから東北本線に乗り継ぐ予定だったが、こともあろうに釜石線が強風(花巻は全く問題なかったのだが)のため運転見合わせとなってしまっていた。バスで花巻まで移動しようかと思いもしたがバスの本数が思いの外少ない。結局、東北新幹線と東北本線が交わる北上まで新幹線で行くことに――できれば今回は鈍行を使い続けたかったのに、どこかで吹き荒れている風がうらめしい。

2016年GW 遠野物語

宮古からバスで盛岡に到着し、JR東北本線から釜石線へと乗り入れる列車に乗車。

SL銀河号
13時すぎ、こんな素敵な列車(SL銀河号)が出発を待つ駅に到着した。
遠野駅
辿り着いたのは、カッパ伝説もある民話の里…

遠野である。
駅に着いた時には生憎の雨だったが、雨ガッパ装備でカッパ伝説のある街を巡るのも一興(笑)と、駅前でレンタサイクルを借りる。やはりこの天気だと借りる人は少なく、この日は私で2人目だったという。しかし、雨はすぐにやんでくれて、雨ガッパはすぐにお役御免となった。

まず訪れたのが、駅から歩いてでも行ける場所にある、とおの物語の館。遠野ならではの民話の世界に浸るには欠かせない場所である。
とおの物語の館

とおの物語の館
座敷童子、河童淵、天狗など、遠野を代表する昔話の数々が、文字やイラスト、像や影絵などで分かりやすく解説されている。
とおの物語の館
こちらの劇場・遠野座では、地元の語り部が実際に昔話を語ってくれる。

遠野座での昔話の語りは1回20分ほど。タイミングが合えば欠かさず聞いておきたい。
上品な高齢の女性が、柔らかく、ユーモラスな口調で
「むがす あったずもな」
で語り始め、
「どんどはれ」
で話を結ぶ。全編遠野弁だが、そこは同じ日本語。だいたいのあらすじは逃すことなく聴くことができた。
今回は、有名な「河童淵」のお話の他、「オシラサマ」、動物たちが海の果てを見ようとリレーで旅をするお話、蟻のお腹にくびれができたお話などを聴かせていただいた。

次の目的に向かって自転車を走らせていると、道端に…
「かっぱ注意」の標識
「かっぱ注意」の標識…
どうやら、震災からの復興を目指して結成された地元の団体「遠野かっぱ工事隊」が設置したものらしい。「観光で復興を」という心意気が伝わってくる。

その標識から20mほどの交差点を左折し、更に300mほど北へ進む。ここで自転車を下りて遊歩道を歩いた先にあったのが。
カッパ淵
カッパ淵
なるほど。先ほどの標識は「カッパの棲み家が近いですよ」という警告だった訳だ(笑)
極々狭くて浅い川なのだが、林に覆われて日陰になっており、妖怪が出ると言われると「かもしれないな」と思わず感じてしまう。

カッパ淵
カッパ淵は釣り竿が置かれていて、釣り糸の先にはカッパの好物といわれるキュウリ(模型?)。
ちなみに「名人専用」らしい。うかつに触るとカッパに水に引き込まれるということだろうか? 浅い川だが、強い力でねじ伏せられたら溺死させることは十分に可能だろうから、ご注意を(笑)

続いて、カッパ淵の近くにある伝承園へ。「曲り家」などの遠野の伝統的家屋が立ち並ぶ中で民話の雰囲気を楽しむことができる。ここでも、語り部から民話を聴くことができる(但し要予約)。
伝承園
菊池家曲り家」に入り、奥に進むと「御蚕神堂オシラ堂)」という祠に繋がる。先ほど物語の館でも聴いた民話「オシラサマ」ゆかりの場所だという。
「オシラサマ」は遠野の民話でも有名な話だそうだが、私は初めて聞いた。大体こんな話だ。

御蚕神堂
「むがす あったずもな」

ある農家の娘が、馬と恋に落ちる。娘の父親はこれに怒り、馬を桑の木につるして殺してしまう。娘は馬の死体に泣きすがって離れようとせず、父親は更に怒って馬の首を切り落としてしまう。すると、馬の首が娘を乗せたまま昇天してしまい、娘はそれきり戻ってこなかった。
父は悔いて、馬をつるした桑の木を削って馬と娘の像を作り、赤い布を着せて祀ったという。

「どんどはれ」

御蚕神堂の真ん中にはその物語に登場する桑の木が立ち、壁際には、来訪者の願い事が書かれた布の服を着た像「オシラサマ」がびっしりと並んでる。
悲しい物語だが、娘の優しい心や、父親が最後に見せた慈しみの念に心打たれる。

更に北へ自転車を進めること5.5km。最後に訪れしは遠野ふるさと村だ。先ほど訪れた伝承園にもあった「曲り家」が幾つも並ぶ、日本の古き良き原風景が見られる場所である。
遠野ふるさと村
曲り家は、母屋と馬屋がL字形に繋がって一体になった建築様式だ。この村の馬屋ではリアルに馬が飼われている。

遠野ふるさと村の馬
「オシラサマ」の物語で娘が恋をした馬もこんな感じだったのだろうか。
遠野ふるさと村の菜の花の風景
菜の花が真っ盛り。茅葺屋根の家と重ねて見ると実に日本的だ。

遠野の伝統を感じることができる素敵な場所である。但し、民話の要素は全く無いので、遠野に民話を求めて来る人には肩透かしに感じられるかもしれない。

遠野ふるさと村からはひたすら自転車をこいで遠野駅へとひた走る。自転車を返却し、ぎりぎりのタイミングで予定していた列車に乗ることができた。

新花巻に到着したところで、本日の旅は終了。駅近くのゲストハウスにチェックインして一息つく。
食事時になって、新幹線の駅まで行けば食べる所ぐらいいろいろあるだろうと思って新花巻駅まで行ったのだが…

立ち食いそばの店が1軒あるだけ

駅前のわんこそば屋も6時前に閉店という寂しさ。
何とか駅から10分ぐらいの店で東北名物の冷麺を頂くことができたが、ここが開いてなかったらせっかくの旅のディナーがコンビニ飯になってしまうところだった。
宿の主人によると、開業当初の30年ほど前は「新幹線駅ができていずれ発展する」と考えて進出してきた人も多かったが、発展しないまま今に至っているという。

2016年GW 三陸鉄道北リアス線

昨日、JRの駅舎から下り立った久慈の街を、今度は隣接する別の駅舎から旅立つ。
 三陸鉄道久慈駅
あのドラマを見ていた人なら、↑の写真ですぐに分かることだろう。
三陸鉄道
北三陸鉄道
――いや、それはドラマでの呼び名。正しくは「三陸鉄道北リアス線」という。
東日本大震災でダメージを受けたが、2014年に全線開通を為し遂げた「復興のシンボル」たる鉄道だ。

堀内駅
ドラマにもよく出てきた「堀内駅」。(ドラマでは『小袖浜』の名前で呼ばれ、アキとユイが青春をぶちまけるシーンで使われた)
三陸鉄道
単線なので、すれ違いは駅で。

ビューポイントでは速度を落としてくれたりもする。
(↓の写真は大沢橋梁から)
大沢橋梁からの眺め

終点の宮古には1時間半強で到着した。

景色も良く、ゆったりとしたいい列車だった。都会に住んでいる者としてはいい癒しになる。
しかし、本当に癒されるべきはよそ者以上に、この路線を日常の足として使っている地元の人たちである。北も南も含め、全線開通は本当に朗報だったことだろう。

しかし一方で、宮古―釜石間のJR山田線は、震災以来未だ開通には至っていない。次の目的地は本来、この山田線で南下のが便利なのだが、一旦盛岡まで出なければならない。しかしこの時、盛岡方面に向かう線路も2015年11月の土砂流入のため寸断されてしまっていた。盛岡まではバスで行くことができたが、一日も早くこの地域に、この路線に「復興」がなされることを願ってやまない。
閉伊川
雨模様の中、バスで盛岡へ。車窓から見える閉伊川の景色に癒やされる。

盛岡駅には定時に到着。余裕を持って目標の電車に乗ることができ、この日一番の目的地へと旅を進めた。

2016年GW 十和田湖、久慈

早朝5時前に目が覚め、6時開始の十和田湖ガイドツアーに参加。この湖の生い立ちなどを解説してもらいつつ、昨日訪れてどんよりしていた乙女の像などを訪問。
十和田湖
朝のうちは青空もあり、乙女の像もいい感じで撮ることができた。
乙女の像

さて、天気もいいことだし、宿の自転車(ママチャリ)を借りてサイクリングに出かけることにした。
十和田湖には御倉半島と中山半島という2つの半島が並んで伸びている。これが両方見えるポイントが無いかと、秋田県側の湖畔道をペダルをこぐが、途中かなりのアップダウンがあり、変速機の無いママチャリでは歩いて押さなければ上れない坂もあった。
鉛山という場所から自転車を下りて「十和田湖西湖畔遊歩道」を歩く。小さな半島の先端にある大川岱まで行くと、
御倉半島と中山半島の見える十和田湖
見事に、広々と開けた湖の向こうに、重なるようにして横たわる御倉半島(奥)と中山半島
(手前)を同時に見ることができた。
鉛山から上った場所にある白雲亭からは湖やこれらの半島を俯瞰することができるらしいが、残念ながらその時間は無かった。次の予定に間に合うよう、来た道を自転車で引き返す。
桜と十和田湖
帰り道で見かけた、桜と十和田湖の風景。

次に向かうは八戸だが、折角だから十和田~子ノ口間は遊覧船を利用することにした。
遊覧船
先ほどまでいた「西湖」では半島に阻まれて湖全体を感じることができなかったが、これでやっと、四方に湖全体を感じることができた。
十和田湖

子ノ口で下船して、昼食後、バスに乗車。再び奥入瀬渓流を横目に、今度は山を下る。
奥入瀬渓流

八戸は乗り継ぎのみ。JR八戸線に乗車して、青森とはお別れ。岩手県に入る。
下車した終点駅は、久慈。
久慈駅前
ドラマ「あまちゃん」の舞台となった街であり、同ドラマをモチーフにした絵を描いたシャッター、いわゆる「あま絵シャッターアート」もあちこちで見られる。

ここに来たら、ウニを食べない訳にはいかないだろう。山海里という店で、「あまちゃん」の中でも登場した「まめぶ」と一緒に頂いた。
まめぶと生うに

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>