バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

100名城巡り・山中城、興国寺城、駿府城、諏訪原城

2019年8月12日

会社勤めの身だが、今年の夏は8月10~18日の長期休暇を頂くことができた。

夏。
青春18きっぷ。
最近はまっている日本100名城巡り。

よし。
行こう。

という訳で、JRの鈍行を1日乗り放題×5の青春18きっぷを買って、GWに続き日本100名城巡りへ出かけることにした。

今回目指すは、静岡県の名城。
まずは、三島駅で下車して、元箱根港行きのバスに乗って山中城(日本100名城 No.40)へ。
山中城
山中城
山中城は、戦国時代の北条氏の城で、本拠地小田原城を守るための「箱根十城」の一つだ。建築物は残っておらず、再建もされていないが、かつての城の構造が一目瞭然な遺構の残り方をしている。中でも、四角い盆を並べたような独特な「障子堀」が印象に残った。
「障子堀」がユニークな山中城
「障子堀」がユニークな山中城

バスで三島駅に戻り、3つ先の原駅(沼津市)まで東海道線で移動。ここから35分ほど歩いた先に新幹線が走っているが、そのすぐそばの山の上にあるのが興国寺城(続日本100名城 No.145)だ。
興国寺城
興国寺城
興国寺城は、戦国大名北条早雲が初めて城主となった、早雲旗揚げの地である。規模は小さいが、歴史的意義の大きい城だ。
スタンプ置き場すぐ横の階段を上ると、天守台があり、それと新幹線の線路の間には「空堀」が通っている。ここを歩き回るのが面白いらしいのだが、私はそうとは知らず、ちょっと下りただけで済ませてしまった。
興国寺城の天守台
興国寺城の天守台
興国寺城の空堀
興国寺城の空堀

更に東海道線を西へ。静岡駅で下車し、駿府城(日本100名城 No.41)へ。今川義元、そして徳川家康が居城とした名城だ。しかし、1635年に焼失した後は再建されず、廃藩置県で廃城となっている。現在見られる建物は戦後整備されたものだ。
駿府城の巽櫓と東御門
駿府城の巽櫓と東御門
駿府城は、自身2度参加したことがある静岡マラソンのスタート地点になっているので、既に何度も訪れている。なので、スタンプを頂いたらすぐ立ち去るつもりだったが、巽櫓の資料館の展示や天守台の発掘現場に興味を引かれて、つい長居をしてしまった。
駿府城の坤櫓
駿府城の坤櫓
天守台の発掘現場
天守台の発掘現場

次に訪れたのは、静岡空港近くの金谷町だった。ここにあるのは諏訪原城(続日本100名城 No.146)。駅からのバスは本数が少なく、「旧東海道石畳」を通って徒歩でアクセスした。
城跡に到着したのは16時40分ぐらい。現在続100名城スタンプが置かれている諏訪原城ビジターセンターは16時までしか開いていないが、それまでは駐車場に置かれていて24時間利用可能だったこともあってか、ちゃんと外にもスタンプが置かれている。
諏訪原城
諏訪原城
諏訪原城は武田勝頼が徳川領遠江(静岡西部)を攻めるために建てた城だが、長篠の戦いで織田・徳川軍に敗れた後、徳川軍に攻略され、武田氏滅亡後には廃城となっている。
建物は残っていないが、深い堀や「馬出曲輪」跡、そして山の上というロケーションから、まさに「戦のための城」という無骨さが伝わってきた。
諏訪原城の本曲輪(本丸)
諏訪原城の本曲輪(本丸)
諏訪原城の外堀
諏訪原城の外堀

本日の城巡りはここまで。この日は金谷から東海道線を西へ2駅行った掛川で1泊。明日は掛川にある城を巡った後、更に西へ進む予定だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索