バス憧れの大地へ

雑記ブログ

旅のこと、写真のこと、チベットのこと――日々の雑感をつれづれなるままに書いています。
最近は長文を書くゆとりが無く、更新が滞っています・・・短文ならTwitterでつぶやいていますので、右サイドナビのTwitterパーツをご覧下さい

マチュピチュ付近で集中豪雨

マチュピチュ遺跡で集中豪雨、観光客ら1900人孤立

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2687284/5242658

【1月27日 AFP】ペルーのマチュピチュ(Machu Picchu)遺跡近郊で26日までに、集中豪雨による洪水や土砂崩れが発生し、少なくとも5人が死亡、観光客ら1900人が孤立している。地元当局が同日、明らかにした。

 土砂崩れによって、マチュピチュへ通じる鉄道や道路が寸断された。現地ではヘリコプターなどによる外国人観光客らの輸送が行われていたが、75人が輸送されたところで激しい雨のために中断された。

 地元当局によると、増水した川で2人が溺死したほか、土砂崩れで1人が死亡した。また、マチュピチュ近郊のクスコ(Cusco)では、激しい雨で住宅が倒壊し、この家に住む母子2人が死亡した。死者は全て、地元のペルー人住民とみられる。

 クスコでは、2つの橋が崩落し、住宅250棟が倒壊した。同地には60日間の非常事態が宣言された。

 一方、地元メディアは、マチュピチュへ通じるアンデス山脈の有名なトレッキングコース「インカトレイル(Inca Trail)」でトレッキングをしていた、20歳のアルゼンチン人旅行客と33歳のペルー人ガイドが死亡したと報じており、警察が確認作業を進めている。

 クスコから70キロ離れたマチュピチュ遺跡は、山の尾根上にある15世紀のインカ帝国の遺跡で、南米で最も人気のある観光地の1つ。年間40万以上の観光客が訪れる。

ほんの4カ月前に訪れたばかりの場所なので、他人事ではない思いで記事に接した。えらいことが起きてしまったものだ。

ペルーは南半球なので日本とは逆に今が夏で、しかも雨季。特にクスコのあたりは、1月が他のどの月よりも雨量が多いのである。
旅行記にも書いたが、クスコ―マチュピチュを結ぶ鉄道のマチュピチュ側の半分は文字通り谷あいの川沿いを通っている。あそこで集中豪雨なんぞあったら、あの鉄道はひとたまりもない。そして、マチュピチュと下界を結ぶ唯一のルートがこの谷である。ここを塞がれてしまえば簡単に孤立してしまう。
空港も勿論無いので頼みはヘリコプターのみだが、いかにピストン輸送したとしても1900人もの人数を運ぶのは容易ではないだろう。孤立した人々の健康状態が気遣われる。

マチュピチュ経験者であり、しかもこういうことが起きてしまったから言えることなのだが、雨季にマチュピチュへ行くのは避けるべきだろう

間もなく帰国へ

現在、リマのセントロ(旧市街)。

昨日、ナスカからここに移動したのだが、一昨日のナスカにて、ナスカ・ライン(日本では『ナスカの地上絵』といわれている)はセスナの上からくっきりと見ることができた。

ここで、私のテンションはピークに達した。

[これで、旅を終わらせてもいい・・・]

それは、今回の旅に対してばかりではない。
2007年のアジア周遊の旅が終わった後、「旅の終わり」という気がしなかったあの時から続いている宙ぶらりんな気持ちに、ようやく一区切りつけることができそうなのだ。
――多分。

いずれにせよ、あと14時間ほどで帰国の便に搭乗することになる。
充実した旅となったが、もう少し、ここリマを巡ることにしよう。

詳細については、帰国後に連載予定の旅行記をお待ちいただきたい。

プーノ

マチュピチュを訪れて十分満足したところで、クスコからプーノへと移動。

バスで7時間少し南下(とはいっても標高はむしろ上がった)し、最後の山を越えたところで、プーノの街とその背後に横たわる広大な湖が見えてきた。
チチカカ湖――ペルー・ボリビア2カ国に跨る国境の湖である。

詳細な旅行記は↓こちらから↓
http://www.a-daichi.com/travelogue/2009_1_peru/14puno1.html

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>