バス憧れの大地へ

富士山

山麓ぶらり

河津桜と富士山―まつだ桜まつり

2024年2月24日

2月下旬。早咲きの河津桜の季節だ。神奈川県西部の富士山に近い松田町では、河津桜の向こうに富士山を見ることができるスポットがあるという。天気のいい休日に出掛けてみた。
小田急線の新松田駅で下車。暫く歩くと早速、丘の上の西平畑公園がピンクに染まっているのを見ることができた。
河津桜に彩られた西平畑公園
坂道を上って高速道路の高架下をくぐり、公園入口に到着。折しもまつだ桜まつりが開催中。天気が良かったこともあって、多くの観光客でごった返していた。
入り口で入場料300円(電子マネー対応)を支払って、入園。最上部に向けて階段を上がる。
西平畑公園への途上から見る富士山"
途中、富士山を見ることができたが、雲が山頂に迫っている。隠されてしまわないか心配しながら歩みを進める。
西平畑公園の桜のトンネル"
公園の頂に向かう階段は桜の木の間をくぐるコースになっている。言わば「桜のトンネル」だ。
菜の花と河津桜
河津桜と同様、菜の花もシーズンだ。上はピンク、下は黄色と、美しく彩られている。

入園から20分ほど階段を上って、公園上部に到着。人をかき分けるようにして、松田山ハーブガーデンそばの富士山ビュースポットに向かう。
河津桜と富士山のコラボ
満開の河津桜の向こうに顔を出した富士山。雲が心配だったが、どうにか顔を出してくれた。
河津桜の向こうに見える小田原の風景
松田山の高台からは、小田原の街並みや相模湾も河津桜越しに一望することができる。

タイミング的に、私がこの景色を見ることができるのはこれが今年最後になりそうだ。来年以降また、今回以上の青空の日を狙って富士山と河津桜のコラボ写真に挑みたい。

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
チベット白書