バス憧れの大地へ

雑記ブログ

九州北部100名城巡り(4)――大野城、水城、基肄城、久留米城 ほか福岡、佐賀

2022年5月3日

写真
対馬空港から福岡へと向かうプロペラ機
午前8時45分、対馬空港から対馬に別れを告げる。搭乗した機体は定員100人未満の小型プロペラ機だった。
離陸から着陸まで僅か35分のフライトは、私の人生で最短記録。あっという間に福岡空港に到着し、託送の荷物も割と早く出てきた。ここから国際線ターミナルに移動して太宰府行きのバスに乗る予定でスケジュールを組んでいたが、予定より1つ早いバスに乗ることができたという順調ぶりだった。
しかし――悪い方に転じたのは、バスに乗ってからだった。
一般道から都市高速に入って間もなくのことだった。突如、先行する自動車たちがブレーキランプを光らせてノロノロ運転を始めた。
――渋滞である。
暫く進むと、対向車線でトラックが横転していて、積み荷の砂利が辺り一面に散らばっている。これは復旧に時間がかかりそうだ。
1つ早いバスに乗れて予定より20分早く着くことができると思っていたのだが、バスは渋滞で1時間遅れ、結局予定より40分遅い時間での太宰府駅到着になってしまった。急いで駅で電動アシストサイクルをレンタルして、この街での100名城巡りに繰り出す。

この日はかなりの分刻みなスケジュールを組んでいたので、40分のロスとなると、何かを削らざるを得ない。
ここでまず目指したのは、対馬の金田城同様、7世紀の白村江の戦敗戦を機に建てられた大野城(100名城No.86)だった。
しかし、100名城のスタンプは大宰府政庁跡に隣接する大宰府展示館で押すことができるが、城そのものはその背後にそびえる四王寺山の上にある山城で、太宰府側から見て一番手前の遺構でも往復2時間ほどかかりそうだ。
時間の問題もあったが、私の体の問題もあった。昨日のやや無茶な金田城往復サイクリングで、少々膝を痛めていたのである。明日以降も徒歩は続くので、ここで無理に山道を歩いて悪化させる訳にもいかない。
そこで、苦渋の決断だったが、大宰府展示館でスタンプを頂いて、大宰府政庁から大野城のある山を望むことで大野城登城「見なし」ということにすることにしたのだった。
写真
大野城のある四王寺山と大宰府政庁(手前)
今回の100名城巡りには含まれていなかった大分の100名城もいつか回る機会を作らなければならない。大野城登城はその折に1日かけてリベンジすることにしよう。

太宰府エリアにはもう1つ、訪れるべき城がある。これもまた白村江の戦敗戦を機にできた水城(続100名城No.182)だ。
水城は、現在の大野城市と太宰府市の市境に、四王寺山と牛頸山の間の「回廊」を塞ぐ形で1.2kmにわたって築かれた土塁で、私は太宰府駅からのアクセスがいい福岡県道112号・574号三差路近くの部分を訪れた。
写真
水城
「水城大堤之碑」を従えるようにして聳える土塁は幅77m、高さ9mあるということで、なかなかの規模だ。
土塁をくり抜いて設けられた水城館で、続100名城のスタンプを頂く。土塁の上には展望台が設けられていて、南西の方角に延びる水城の姿を望むことができる。
写真
展望台から望む水城
こうして現在の姿を見ているだけでもその防御力をイメージすることができるが、かつては博多側に堀もあったというから、徹底した防備ぶりだ。
写真
太宰府天満宮
写真
梅が枝餅
せっかく初めて太宰府を訪れたのだ。太宰府天満宮を散策し、参道で梅が枝餅を食べて楽しむ。

次の城を目指して、西鉄太宰府駅を出発。大野城の遺構に到達することを断念したことで、出発時間は50分近く前倒しとなった。
まず西鉄二日市駅へ。そこから歩いてJR二日市駅へ移動し、今度はJR鹿児島本線に乗車する。
基山駅で下車し、次に向かうは佐賀県基山町の基肄城(続100名城No.184)。これもまた、白村江の戦敗戦を機に建てられた城である。
ただ、基山駅にはコインロッカーも無ければレンタカーもレンタサイクルも無い。一番手前にある遺構・基肄城水門跡近くまで行くコミュニティバスがあるのだが、この日に限って運休だった。仕方が無いのでひとまず、ボストンキャリーをガラガラ転がしながら20分弱歩いて、続100名城スタンプのある町民会館へ向かう。
スタンプを頂いた後、ボストンキャリーを事務室で預かってもらって(本来は預からないが今回は特別に)、町民会館で頂いたアクセスマップと道の途中にある案内板を頼りに、歩いて水門跡へ出発。往路は上り坂基調で時間がかかり、40分かけてようやく着くことができた。
写真
基肄城水門跡
水門跡は幅26m、高さ8.5mほどの石塁の下部に4か所の排水口が開けられている。
基肄城の南の入り口になることから、このエリアは「南門」とも呼ばれる。基山の上、面積63万平方mにも及ぶ大規模な山城で、山の上にも数々の遺構があるが、私は遺構の端にでも行きつけばこれでよしとして、水門跡だけ参観して来た道を引き返した。
復路は下り基調で歩きやすい、と言うよりは時々走ることすら可能で、30分で町民会館に到着。ボストンキャリーを受け取って基山駅へ向かう。
当初はこの日運休だったコミュニティバスを使うスケジュールを組んでいたが、バスの時間に左右されない徒歩にすることで、却って基山での所要時間を30分ほど短縮することができた。

この日の城巡りはこれで終わりにして、福岡・久留米で1泊後、翌早朝に久留米城(続100名城No.183)を訪れる、という予定だったが、太宰府と基山で思いがけず時間を短縮できたおかげで、久留米到着が1時間以上早まった。これなら、今日の営業時間中に久留米城の続100名城スタンプを押せる施設に赴くことができる――ということで、列車を下りるや否や、久留米城へと急いだ。
写真
久留米城石垣
久留米城は豊臣秀吉の天下統一後に毛利秀包によって大改築が行われ、その後一度は江戸時代初期の一国一城令により廃城となったのを有馬氏が建て直した城だ。明治時代の廃藩置県で再び廃城となり、今の本丸跡は有馬記念館と神社があるばかりで大名の居城だった名残は殆ど無いが、石垣はその当時の雄姿を見事に留めている。
城内を本丸跡の背後の石垣縁まで歩いてみると、筑後川と宝満川が合流する絶景が見えた。
写真
筑後川と宝満川の合流地点
この光景を見ているだけで、この地が水運の要で、だからこそこの場所に城が築かれたのだ、ということを想像することができる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全記事一覧

カテゴリ一覧

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索