バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

根室半島チャシ跡群

ねむろはんとうちゃしあとぐん

根室半島チャシ跡群

日本100名城 No.1

場所
北海道根室市
【ポンモイチャシ】北海道根室市納沙布(地図
【ヲンネモトチャシ】北海道根室市温根元(地図
【ノツカマフ1・2号チャシ】北海道根室市牧の内(地図
【アツケシエト2号チャシ】北海道根室市西浜町(地図
築城時期
16世紀~18世紀
築城主
アイヌ人
主な城主
分類
チャシ(アイヌによる施設)跡(チャシコツ)
遺構
土塁、空堀
概要
「チャシ」とはアイヌ人によって16~18世紀に北海道道南・道東に500か所以上築かれた施設の総称で、アイヌ語で「砦」「柵囲い」といった意味。チャシ跡は「チャシコツ」とも呼ばれる。特に根室市内に多く見られ、その中でも代表的な、主に海辺にある24のチャシが「根室半島チャシ跡群」として1983年、国の史跡に指定された。何の目的で造られたのか定かではないが、戦闘に関する伝承が多く、砦として使われたという説もあるため、日本100名城の1つに数えられている。
納沙布岬近くのヲンネモトチャシ、根室市中心部と納沙布岬の真ん中あたりのノツカマフ1・2号チャシが整備されていて見学しやすいほか、納沙布岬に隣接するポンモイチャシ、根室市中心部最寄りのアツケシエト2号チャシもアクセスが容易。
公共交通機関による
アクセス
JR常磐線・水郡線水戸駅から徒歩10分。
100名城スタンプ
根室半島チャシ跡群スタンプ
根室市歴史と自然の資料館(地図
根室市北方領土資料館(地図
根室市観光インフォメーションセンター(JR根室駅前バスターミナル内)(地図
探訪記の該当部分
根室半島チャシ跡群(1)―アツケシエト2号チャシ
根室半島チャシ跡群(2)―ヲンネモトチャシ
根室半島チャシ跡群(3)―ポンモイチャシ
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
チベットの大地へ