バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

川越城

かわごえじょう

川越城

日本100名城 No.19

場所
埼玉県川越市郭町(地図
築城時期
室町時代(1457年)
築城主
太田道真、道灌父子
主な城主
扇谷上杉氏、後北条氏、酒井氏、堀田氏、結城松平家など
分類
平山城
遺構
堀、土塁、御殿の一部
概要
室町時代、関東管領・上杉氏と古河公方の対立の中、1457年に扇谷上杉氏の上杉持朝が家宰の太田道真、太田道灌父子に築かせた城。「道灌がかり」と呼ばれる連郭式縄張りで築かれた。16世紀には後北条氏に攻められ、1537年、後北条氏に奪取される。その後は後北条氏の武蔵国支配の拠点となり、「河越衆」と呼ばれる大道寺氏らの精鋭部隊が配置された。1590年の豊臣秀吉による小田原征伐で降伏。前田利家の軍勢が河越城に入城する。江戸時代には江戸の北の守りとして重要視され、代々幕府の重臣が城主となった。1848年、結城松平家の松平斉典により、焼失した二の丸の御殿の代わりに本丸御殿が造営され、これが現在まで残る。
1924年、川越城跡が埼玉県指定史跡に指定される。1967年、本丸御殿が県指定有形文化財に指定される。
河越城、初雁城、霧隠城の別名あり。
公共交通機関による
アクセス
JR川越線・東武東上線川越駅からバスで
・博物館・美術館前下車、徒歩すぐ。
・札の辻下車、徒歩12分。
・川越市役所前下車、徒歩10分。
・川越氷川神社下車、徒歩7分。
100名城スタンプ
川越城スタンプ
川越城本丸御殿受付窓口(地図
探訪記の該当部分
茨城100名城(2)―鉢形城、川越城
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
チベットの大地へ