バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

上之国勝山館

かみのくにかつやまだて

上之国勝山館

続日本100名城 No.102

場所
北海道檜山郡上ノ国町勝山(地図
築城時期
室町時代中期(1462年頃)
築城主
蠣崎氏
主な城主
蠣崎信広、蠣崎光広
分類
山城
遺構
曲輪、墳墓群
概要
15世紀後半、若狭武田氏から出奔してきた、後の松前氏の祖である武田(蠣崎)信広が日本海に面する夷王山の上に築城。蠣崎氏の政治・軍事・交易における本拠となった。信広の子・蠣崎光広が本拠を松前の徳山館(のちの松前城)に移して以降も蠣崎氏の日本海側での政治・軍事・交易の一大拠点として「脇館」転じて「和喜の館」と称される。
1977年、「上之国館跡」のうちの一つ「勝山館跡」として国の史跡に指定され、以降発掘調査が進み、当時の陶磁器・金属器・漆器など10万点以上の遺物が発見された。その中には骨角器など、和人とアイヌ人が混住していた証とみられるものもある。
上之国館、和喜の館の別名あり。
公共交通機関による
アクセス
JR北海道新幹線・いさりび鉄道木古内駅から函館バスで1時間15分、大留下車、徒歩35分
100名城スタンプ
上之国勝山館スタンプ
勝山館跡ガイダンス施設(地図
上ノ国町教育委員会(ガイダンス施設休館時のみ)(地図
探訪記の該当部分
東北・西北海道100名城(8)―上之国勝山館
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
裸形のチベット