バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

中国・雲南、貴州

麗江 ~世界遺産の街並み

2002年1月29日

紅山茶賓館のドミトリーで同室になった日本人の1人が私同様、大理の次は麗江を目指していたので、この日、2人で大理古城のバスターミナルから麗江へと向かった。 麗江古城
獅子山から望む麗江古城の全景
バスで山道を行くこと3時間。麗江に到着した私たちは、ドミトリーがあるというホテルに赴いたが、フロントの服務員からは「ドミトリーは無い」とのすげない答え。そのホテルを出たところで宿の客引きをしている女性がいたので、話を聞いてみる。割と安いし、メーンの観光地である麗江古城から遠くないというので、着いていってみることにした。しかし、言う程近くはないし、客も少ない。ここはやめにした。
麗江に泊まるならやはり古城内だろう。古城に入ってみるとゲストハウスが幾つもある。その中にはユースホステル(YH)もあり、私たちはYHへ行くことにした。
麗江YHは、やや無機質な大理のYHとは違い、ナシ(納西)族伝統の建築様式を採り入れた、周りの景色にマッチした建物だ。私はここを拠点に3日間、麗江を散策することになる。
麗江古城は、街全体が世界遺産に登録されている。ナシ族伝統の家屋が建ち並んだ光景が美しい街だ。街の西側にある獅子山に登ると、その街並みを一望することができる。
麗江古城
麗江古城
玉龍雪山
街から見える玉龍雪山
この街は海抜2400mの高地にあるが、すぐ近くにその倍以上・5500mの玉龍雪山がそびえ、街中から見事な雪山の景色を見ることができる。
暫く獅子山からの眺めを楽しんだ後、街中を歩いてみる。奥まで足を運ぶと、昔ながらの家屋と石畳の道の光景が確かに素朴だ。ただ、古城の入り口近く、特にメーンストリートの東大街界隈は土産屋などが建ち並び、見事に観光地化されている。伝統的な光景に俗なるものが入り混じっていて、やや興ざめだ。

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索