バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

カナダ西部

バンクーバー-6 ~ギャスタウン、チャイナタウン一帯

2020年1月3日

キツラノ地区からバスでダウンタウンへ戻り、カナダ・プレイス近くの海辺の道をぶらり歩く。
既に何回か歩いている道だが、1つ見落としていた場所があった。コンベンションセンター西側広場にあるオリンピック聖火台である。
バンクーバーでは2010年、冬季オリンピックが開催され、日本人では浅田真央がフィギュアスケートで銀メダルを獲得するなどしている。本番では開会式や閉会式が行われた競技場・B.C.プレイスの中央に置かれていたものが大会後、ここに移設された。
氷柱をイメージした聖火台が4本(本番の開会式では3本しかせり上がらないというアクシデントがあった)、絡み合うように折り重なっている。形といい大きさといい、存在感がある。聖火台としてはかなり大きい部類に入るのではないだろうか。
折しもあのオリンピックが終わってからちょうど10年。あの時活躍した浅田真央、高橋大輔らが一線を退いていることを考えると、「10年ひと昔」だ。 オリンピック聖火台
オリンピック聖火台

後日談
私がここを訪れた翌月、五輪開会式1周年を記念して、この聖火台に火が灯されたらしい。

カナダ・プレイスから東へと足を延ばし、ウォーターフロントの鉄道駅から少し歩くと、ギャスタウンと呼ばれる界隈がある。石畳の道の両側にレンガ造りのおしゃれな店が立ち並ぶ、若者の街だ。 ギャスタウン
ギャスタウン
ギャシー・ジャックの像
ギャシー・ジャックの像
その一角に、この地を開拓した立役者を称えるギャシー・ジャックの像がある。「ギャスタウン」の名も彼が由来だ。
19世紀半ば、未開だったこの地に彼が酒場を立ち上げ、労働者や船乗りたちに癒やしの場を提供したのを機に、この地が栄えるようになったという。即ち、ギャスタウンは「バンクーバーの始まりの地」なのだ。

ギャスタウンのすぐ南には、チャイナタウンがある。入り口である千禧門がいかにも中国的で雰囲気を出している。 チャイナタウンの千禧門
チャイナタウンの千禧門
チャイナタウン
チャイナタウン
今回は訪れなかったが、近くにはジャパンタウンもある。
東からの移民の町と西からの移民の町が隣り合わせに存在している――カナダという国の「多様性」を象徴しているようにも思われた。

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索