バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

三春城

みはるじょう

三春城

続日本100名城 No.110

場所
福島県田村郡三春町大町(地図
築城時期
戦国時代(16世紀前半)
築城主
田村義顕
主な城主
田村氏、松下氏、加藤氏、秋田氏
分類
山城、平山城
遺構
曲輪、石垣
概要
室町中期に田村義顕が丘陵の上に築いた城。豊臣秀吉の奥州仕置によって田村氏が改易されて以降は伊達氏(片倉景綱)、蒲生氏、加藤氏、松下氏が城主となり、松下氏時代に、本丸下段(それまで二の丸)に三階櫓が建てられるなどの改修がされて、山城から近世城郭の平山城となる。江戸時代に入り松下氏が改易された後は秋田氏が幕末まで三春藩主として治めた。明治の戊辰戦争では、三春藩は奥羽越列藩同盟を脱退して官軍に無血降伏し、逆賊の誹りを免れ、城は落城を免れる。廃藩置県によって廃城となり、現在は曲輪跡や石垣が残るのみ。
舞鶴城の別名あり。
公共交通機関による
アクセス
JR磐越東線三春駅から徒歩30分、ばんとうプラザのレンタサイクルで10分。
100名城スタンプ
三春城スタンプ
本丸(ボックス設置)(地図
※戦国時代には二の丸だったため、現地の柱標には「二の丸」と記されている
三春町歴史民俗資料館(地図
探訪記の該当部分
福島100名城(1)―白河小峰城、三春城
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
「チベット問題」を読み解く