バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ギリシャ、カタール、香港

ドーハ-3 ~旧市街

対岸の摩天楼群が見える通りから、スークと呼ばれる古い町並みのエリアへと足を踏み入れると、100年、200年の時をさかのぼったかのような感覚に襲われた。細い路地の両側に、白っぽい褐色を基調としたいかにも中東的な、土壁や日干しレンガ造りのレトロなイスラム様式の家屋が建ち並んでいる。中には階と階の境目あたりの壁から無数の木の棒がきれいに横並びで突き出ている家屋も少なからずある。
先程までいたモダンな町並み界隈が『新市街』、そしてこのレトロな界隈が『旧市街』といったところか。古風な落ち着きとも言うべき空気がこのあたりには漂っていた。

ドーハ旧市街ドーハ旧市街
ドーハ旧市街

時にはアスファルトの、時には石畳の道をあちこち歩き回っているうちに、旧市街建物の間から摩天楼群が見える場所に行き着いた。実際にはこちらの建物の数十倍もの高さがあるはずの摩天楼群が、遠近法の関係でこちらの建物の数分の一にしか見えないのが少し滑稽だ。 旧市街から摩天楼群が見える
旧市街から摩天楼群が見える
とはいえ、古き良きドーハと超近代的なドーハを同時に見ることができるこの場所は、ドーハの中でも最もドーハらしい場所と言えるのではないか、とも思われた。

旧市街を南へと抜けて大通りに出ると、正面にかなりの敷地面積があると思われる伝統的なイスラム様式の建物が見える。城壁かと見まがう程に威風堂々とした建物で、「もしかしたら、これがドーハ・フォートなのか?」と一瞬勘違いさせられた程だったが、それ程古いものではなさそうだし、商店が軒を並べて入っていることからも、これが歴史的建造物でないことは一目瞭然だ。
門から中を覗いてみると中庭が見える。その中庭に入ってみた。
モスクのような建物が2つ建てられていて、中庭を囲む建物は表同様、商店が並んでいて、ショッピングモールとして使われている。同じ伝統的なイスラム様式でも、先程の旧市街に古風な落ち着きが感じられたのに対して、こちらは現代的な活気が感じられた。

城壁かと見まがう程のショッピングモール
城壁かと見まがう程のショッピングモール
ショッピングモールの中庭、モスク
ショッピングモールの中庭。モスクもある

さて、最初の目的地だったドーハ・フォートはまだ見つからない。とはいえ、このあたりにあることは間違いない。どのみちこのエリアにはまた戻ってくることになるので、私はひとまず次の目的地へ向かうことにした。

コメント(0)、トラックバック(0)

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1054

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>