バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

香港着

2011年9月10日

9月9日の23時20分ごろ、香港着。

香港着


しかし、100ドル両替したら710香港ドルで市内へ行くバスの40香港ドルがお釣りなしで払えず、崩している間にバスが行ってしまったというちょっとしたハプニングがあった。その代わり、A11のバスが深夜モードのN11に変わって31香港ドルに値段も下がってむしろラッキー!と思っていたら空港施設内を20分ほどぐるぐる回ってようやく市内に向かってくれるという有様で、宿に着いたのは結局夜中の2時になってしまった。

真夜中の香港


真夜中の香港(バスの中から撮影)

宿のことだが、こうも遅くなると、チェックインが原則24時までのラッキー・ゲストハウスやゴダイゴ・ゲストハウスは使いにくい。そうなると重慶大厦(チョンキンマンション)か美麗都大厦(ミラドーマンション)の安宿を利用したいところだが・・・
実は今回、次の飛行機が夕方になるので、午後は荷物を宿のフロントに預けなければならないのだ。チョンキンやミラドーでそんなことをするのは余りに危険すぎる
ということで今回は、ネットで見つけた24時間チェックインOKのSun Kong Hostelに予約を入れておいた。一番安いのは260香港ドルのバス・トイレ共同のシングルだが、チョンキンの宿より高い割には、清潔感と安心感こそあるものの、部屋の広さはチョンキンの宿よりも狭い。

宿の部屋



香港に来るのは実に・・・

4か月ぶり。

はい。4か月ぶりです。4年ぶりではありません。
実は、今年のGWにギリシャへ行った時も香港経由で、今回も期せずして香港経由となったのだ。
これで香港に来るのは、1泊だけして通過した時も含めて6回目になる。
「そんなに香港が好きなのか?」という声が聞こえてきそうだが・・・

はい、大好きです。

かなり気に入っています。

明けて今日は、インド・デリー行きの便がまた夕方になるので、香港の街をぶらぶらする予定。
しかし、前回も感じたことだが、こうも何度も来ていると行動がマンネリ化してしまう。何か新しい発見をしないと・・・

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1125

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>