バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

鉢形城

はちがたじょう

鉢形城

日本100名城 No.18

場所
埼玉県大里郡寄居町鉢形(地図
築城時期
戦国時代初期(1476年)
築城主
長尾景春
主な城主
長尾景春、上杉顕定、北条氏邦
分類
連郭式平山城
遺構
土塁、堀、土橋、石垣
概要
荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁上の天然の要害に1476年、関東管領・山内上杉氏の家臣・長尾景春によって築かれた城。1564年、小田原の後北条氏の北条氏邦が入城。氏邦により整備拡張され、後北条氏の上野国支配の拠点となる。その強固さゆえに武田信玄、上杉謙信、前田利家、上杉景勝らの攻撃に耐え、豊臣秀吉の小田原攻めの際にも攻防戦が展開されて1か月余り籠城するが、最終的には城兵の助命を条件に開城し、後北条氏の滅亡とともに廃城となる。しかし廃城後も遺構が極めて良い状態で残っており、三の曲輪では石積み土塁や四脚門、池などが復元されている。
1932年、国の史跡に指定される。
公共交通機関による
アクセス
JR八高線・東武東上線寄居駅、東武東上線玉淀駅・鉢形駅、JR八高線折原駅から、いずれも徒歩20分ほど。
100名城スタンプ
鉢形城スタンプ
鉢形城歴史館受付(地図
探訪記の該当部分
茨城100名城(2)―鉢形城、川越城
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
チベットの大地へ