バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

ラダック、北インド(2011年)

インドへ――取りあえずはデリー着

2011年9月11日

想像以上に快適だったジェットエアウェイズインディア機のシートに身を委ねること5時間50分――のはずだったが、デリーには僅か5時間10分後の22時20分には到着した。結局、飛行機から降りるのに普通より時間がかかってしまったものの、予定より30分近く早くインドへの入国が完了した。少し心配していた荷物も無事、同じ便でデリーに到着してくれた。

ここで、私の計画に変化が発生した。

当初の予定では、そのままデリーの空港に居座って朝のラダック行きの便を待つ予定だった。しかし、日をまたぐ前に空港を出ることができたのなら、地下鉄で一旦街中に出てゆっくりとベッドの上で休むのも悪くないのでは――明日の便も8時50分の発なので、6時ぐらいに宿を出れば十分だ。
しかし、街中に出ることを考えるようになったのは、時間に余裕ができたということができたからということよりも、「ベッドでゆっくり休みたい」ということの方が大きかった。先ほどの香港出発でのドタバタで、心身共にかなり疲れていたのである。その証拠に、地下鉄が既に終了していて地下鉄で街中に出ることができないことが分かった次に考えたことは、プリペイドタクシーを使って街中に出ることだった。とにかく、ベッドで休みたかったのだ。
プリペイドタクシーとは文字通り、前もって窓口で料金を支払ってから乗るタクシーのことで、悪名高いデリー空港のぼったくりタクシーに比べれば遥かに安全だ(ところで、その悪名高いぼったくりタクシーの客引きだが、今回デリー空港を初めて利用して受けた印象では、全くと言っていいほど見当たらなかった)

プリペイドタクシーは、時には信号を無視し、時には逆走しつつ市内へ向けて突っ走る。
[そんなに急がなくていいから、安全運転で頼むよ・・・]
そんなことを思っているうちに、懐かしの安宿街メイン・バザールに到着した。
ぼったくられることも何も無く無事にタクシーを下りた私は、客引きたちと交渉しつつ、250ルピーの安宿を一夜のねぐらに決める(ホテル名失念)。オンボロで、ベッドの面積が部屋の8割を占める狭苦しい部屋だったが、今の私にとっては至福の空間である。大瓶ビールを1本飲み干した私は、目の前に近づいたラダック入りに少々興奮しつつも、それに備えてオンボロベッドの上でしばし休みをとった。

カテゴリ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   Alphapolice Webコンテンツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/1130

コメントする


Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>