バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

アジア周遊第5部 北インド、パキスタン

デリー-1 ~意外と整然としたニューデリー

2007年8月7日

早朝、列車がニューデリー駅に到着した。ここが、インドの首都・デリーである。
インドの首都といえば、「ニューデリー」と表記されることが多い。しかし現在、日本の教科書や一部の出版物では単に「デリー」と表記されている。ニューデリーはイギリス統治時代、かつてのデリー(オールドデリー)から少し南へ離れた場所に新首都としてつくられた街である。しかし今では、オールドデリーとニューデリーは完全にくっついていて、境界が極めて曖昧になっている。私も実際にデリーの街を歩いてみて、
[ニューデリーは都市というよりもデリーという街の一エリア名にすぎない]
というのが率直な実感だった。
メイン・バザール
メイン・バザール

列車を下りてすぐ、ニューデリー駅前のメイン・バザールパハルガンジ)へ。ここはデリー随一の安宿街で、大勢のバックパッカーと、それを標的にする客引きが集まる場所なのだ。人が多い上にタクシーやリキシャも遠慮なく入ってくるのでちょっと歩きにくい。
しかし、ネパール・カトマンズのタメルでこうした雰囲気にすっかり慣れていた私は、車やリキシャが通って歩きにくいことを除けば特に何とも感じることもなく、友人に勧められた宿へと、客引きの声に全く応じることもなく進んでいった。

着いて暫くはメイン・バザールで、壊れたデイバッグを新調したりこの先不要なものを日本に送り返したりする。
それから、すぐ近くのニューデリー駅へ出向いて次の街へ向かうための列車チケットを購入した。駅2階にある外国人専用切符売り場は昨日見たゴラクプル駅のものとは雲泥の差だった。空調が効いていて快適であり、整然としており、簡単なものではあるが時刻表もあってどの列車に乗れば目的の場所へ行くことができるかが一目で分かる。

その後、中心街であるコンノート・プレイスに行ってみたりしたが、何かがもの足りない。

私がインドに期待していたものは、何か?

混沌…
猥雑さ…
熱気…

熱気は確かに感じられるが、混沌さや猥雑さとなると、それ程でもない。 街全体が思った以上に整然としているのだ。 この日回った場所で唯一、そうした雰囲気が感じられたのはヒンドゥー教のハヌマン寺院ぐらいだった。あとは日本語を話す怪しげな耳かき屋に声をかけられたぐらいである。

コンノート・プレイス
コンノート・プレイス
ハヌマン寺院
ハヌマン寺院

  ぬ  る  い  …

一日だけでデリーを知ることはもとより無理なのだし、この日私が見たのはニューデリーだけなのである。しかしそれにしても、ちょっと期待外れなデリーの第一印象となった。
翌日にはこの印象を抱いたまま一旦デリーを離れてしまうのだが、そんな第一印象はデリーに再び戻った後、簡単にひっくり返されることになる。

コメント(3)、トラックバック(0)

コメント(3)

| コメントする

こんにちは

大連野球連盟時代にご一緒させていただいたシースターズ阿彦です。その節はいろいろお世話になりました。

検索かけたらプログサイトをヒットして旅行記を読ませていただいております。

さすがは文章上手ですね。こちらまで現場に足を運んだ気分になるような文体に引き込まれています。

中国にいながらそういえばほとんど旅行していないなぁーなんて読みながら感じています。チベットは良さそうですね。是非一度機会を作っていってみたいと強く思いました。

今インドですか?一体これからどの方向に進んでいくのか楽しみですね。

戻りしなにラオスって言うのもお勧めします。今から5年前に行った頃あるんですが、また行きたいなぁー。

ビエンチャンで一人でゴルフに行ったことが楽しかったなぁー。

食事に気をつけて安全で楽しい旅を続けられるようお祈りしてます。

ご無沙汰です!ランクルでネパールに一緒に行った夫婦の旦那の方です!!
昨日ナガルコットから帰ってきました。
もう、デリーですか!!
ポカラもいいのが最後に見れたみたいで羨ましいです!!
ナガルコットは…
EBCに続き2連敗です!!
僕たちも2、3日後にはポカラに移動する予定です!!
では、また。

阿彦さん、ご無沙汰しています。

チベットにはぜひ行ってください! 何かしら感じるものがあるはずだと信じています。
ラオスも行く予定に入っています。ゴルフは予定にありませんが(笑)。
これで今後の大体の予定が分かってくるのではないでしょうか?


よ~じさん、お久しぶり!
なかなかネパールを抜けられない(?)お二人とは対照的に、私は既にインドを抜けて別の国に入っています。
ちなみに、今いる場所で私は2連勝達成しました(笑)。
フンザでは天気に恵まれています。ただ、電気には恵まれず、到着2日目の午後になってようやく電気が通じてくれました。

コメントする

トラックバックURL: http://www.a-daichi.com/mt6/mt-tb.cgi/140

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>