バス憧れの大地へ

雑記ブログ

2018年GW東北紀行(4)―米沢

山形県米沢市で一夜を過ごし、今回の旅最後の1日が始まった。

米沢は偉大な養父・謙信の跡を継いだ上杉景勝が徳川家康に屈して転封させられて来た地。謙信の墓や菩提寺・林泉寺もここに移されている。
上杉家廟所
上杉家廟所

林泉寺
林泉寺

米沢城址(現・上杉神社)には謙信の銅像もあって。上杉の里は今や越後よりも米沢になってしまったと言えるかもしれない。
米沢城址
米沢城址

米沢城址の上杉謙信像
米沢城址の上杉謙信像

大河ドラマ「天地人」を見て以来、景勝が、そして直江兼続がどんな思いで越後そして会津を後にしてこの地に移り住んだのか、ずっと気にかかっていた。きっと、無念だったに相違ない。
しかし、折しも開かれていた「米沢上杉まつり」で上杉家が地元の人たちに愛されている様子を見て、これで少しは彼らも報われたのかな?という気もした。

上杉ゆかりの地のほかは、酒造資料館 東光の酒蔵などを訪れて、米沢巡りは終了。
酒造資料館 東光の酒蔵

そして、今回の旅もこれで終了。自宅のある神奈川県川崎市へと帰途に就く。

暑くてちょい疲れたので早く帰りたい、でも新幹線の特急券で余り散財したくない――という訳で、米沢から川崎までの道程中、郡山-大宮だけ新幹線にして、特急券代は新幹線フルに比べ1610円節約。所要時間は在来線オンリーに比べ2時間45分節約することができた。

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
100色で描いた世界地図