バス憧れの大地へ

雑記ブログ

バンクーバー(2020年1月3日)

※この記事は後日、別ページでより詳しい内容でリライトします。

前日日中の便で、ホワイトホースからバンクーバーに戻る。この日は先日の滞在でまだ訪れていない場所を足早に訪れる。

バンクーバー博物館
バンクーバー博物館
先住民の時代から西洋人移民の時代、2つの大戦の時代、現代に至るバンクーバーの歴史が簡潔に纏められている。
西海岸の街なので日本人移民もいたのではないかと思ったら、やはり、この地に渡ってきた日系カナダ人の苦難の歴史についても、1つの区画で紹介がされていた。
バンクーバー博物館の日系カナダ人に関する展示

先日も訪れたウォーターフロントへ。見逃していたのが、
オリンピック聖火台
オリンピック聖火台
バンクーバー五輪の時に使われていたものを、コンベンションセンター西側広場に移設して保存されている。
あの五輪が開かれたのが、2010年。今年は、まだなったばかりだが、2020年――もう10年にもなるのか。

ウォーターフロントの鉄道駅から、西へ少し歩いた所にある、
ギャスタウン
ギャスタウン。おしゃれな店が立ち並ぶ若者の街だ。その一角に、この地を開拓した立役者を称えるギャシー・ジャックの像がある。
ギャシー・ジャックの像

ギャスタウンに隣接する場所には、チャイナタウンもある。
チャイナタウンの中華門

チャイナタウンの南側に足を運ぶと、ここにもオリンピックの舞台となった場所があった。
B.C.プレイス
B.C.プレイス。カナディアンフットボールのBCライオンズの本拠地のスタジアムで、五輪の際には開会式と閉会式の開催場所でもある。

B.C.プレイスを去ろうとしたところで、雨が本降りになってきた。ダウンタウン一の目抜き通りであるロブソン通りなどを通って、宿に戻る。
ロブソン通り

取りあえずこれで、バンクーバー巡りも終了。明日の帰国を待つばかりとなった。

ホワイトホース(2020年1月2日-1)

※この記事は後日、別ページでより詳しい内容でリライトします。

カナダ・ホワイトホースでの2020年元日。夜から未明にかけては日中のツアーでもお世話になったNorthern Talesオーロラ鑑賞ツアーに参加。ホワイトホースのダウンタウンからバスで30分ほど北へ行った郊外で3たび、オーロラにチャレンジする。
日中の天気は曇り。夕方から少しずつ雲が薄くはなっていたが、夜中になっても天気はまだ「曇り」のカテゴリーだ。

現地では、山小屋で休憩したり、表で焚火に当たったりしながら、オーロラが見えたら観測をする形だ。
山小屋で楽しむ人々
焚火を楽しむ人々
日付が変わったあたりのタイミングで、私は三脚を表に固定して、山小屋の中よりも表にいる時間を長くして待機する。
北の空はやはり雲がかかっている状態だったが、やがて山裾のあたりがほんのり、白に限りなく近いがよく見ると青みがかって明るい光を帯びている。
[もしかして…]
カメラで長時間露光で撮影してみると、
ホワイトホース郊外のオーロラ
やはり、山裾の光ははっきりと青い色に写っていた。紛れもなく、オーロラである。
暫く、角度や撮影範囲をいろいろ変えてみながら、オーロラを撮影してみた。
ホワイトホース郊外のオーロラ
やがて、北の空の雲も薄くなってきたが、雲に乱反射していたとみられるオーロラの光が、それにつれて薄くなってきた。どうやらオーロラ強度はそれ程強くなかったようである。
ホワイトホース郊外のオーロラ
午前2時前。ツアーを終了してダウンタウンに戻る時間になった。後ろ髪を引かれる思いだったが、帰りのバスに乗り込み、ダウンタウンに引き揚げる。

今回は一応、肉眼でオーロラの光を認識することができた。しかし、頭上にオーロラのカーテンが広がるという理想のシチュエーションにはまだ程遠い。

オーロラリベンジ」はまだ達成できたとは言い難い。

ホワイトホース(2020年1月1日)

※この記事は後日、別ページでより詳しい内容でリライトします。

カナダ西部にも、日本から遅れること17時間後、2020年の元日が訪れた。

明けましておめでとうございます。
今年も何卒宜しくお願い致します。

この日の深夜も前日に続き、ホワイトホース郊外のTriple B Bed n Breakfastでオーロラが出るのを待ったが、この日は星はよく見えたものの、オーロラの強度が弱く、不発に終わった。
ホワイトホース郊外の夜空

この宿に泊まるのはこの日の朝までで、あと1泊、ホワイトホースではダウンタウン(中心街)で過ごす。

この日は午後から、Northern Talesという現地旅行社が主催するユーコン野生動物保護区野生動物鑑賞と温泉ツアーに参加した。ホワイトホース北郊外の同保護区でドールシープ、ビッグホーンシープ、マウンテンゴート、トナカイ、バイソン、ジャコウウシ、ヘラジカ、オオヤマネコなどの動物を間近に見ることができるのだ。

↓ツアーで見た動物たち。どれがどの動物かは帰国後ゆっくりと調べます。
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物
ユーコン野生動物保護区の動物

動物を楽しんだ後は、近くにあるタキーニ温泉で、零下の中動物を追って野外を歩いて冷えた体を温めた(ぬるめのお湯だったが)。

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索