バス憧れの大地へ

雑記ブログ

バンクーバー(2019年12月29日)

※この記事は後日、別ページでより詳しい内容でリライトします。

バンクーバー2日目。初日よりは天気が良さそうなので、この日は「自然」を満喫することにした。

カナダ・プレイスから無料シャトルバスに乗って、まずはダウンタウンとは海峡を隔てて北にあるノースバンクーバー地区のグラウス・マウンテンへ。この山は冬にはスキー・スノーボード場として地元民の人気を集めていて、客の大部分はスキー・スノボの装備をしていた。
グラウス・マウンテンのスカイライド
山の上にはまず「スカイライド」と呼ばれるゴンドラで上る。
上った先は、出発地点には全く見られなかった雪で一面覆われた銀世界になっていた。
グラウス・マウンテン
そこから更に山頂に向かうには「ピーク・リフト」に乗る必要があるのだが、どうも動いている様子がない。スキー客たちが上から滑ってくるので上る手立てはあるのだろうが、周りがスキー客ばかりでアウェー感を抱き始めた私は、そこまで上ることは諦めてすぐに、スカイライドから見える風景だけ楽しみながら下山した。
グラウス・マウンテン

次に目指したのは、グラウス・マウンテンから少し下った場所にある、キャピラノ渓谷。ここの名物は何と言っても、全長140mにもなるキャピラノ吊り橋だ。
キャピラノ吊り橋
細い橋の上が、行く人、戻る人でごった返している。ただでさえ「吊り橋」なのに、人が多いことも手伝って、よく揺れてスリル満点である。
吊り橋本体以外にも、森の中を抜ける吊り橋のツリートリップ・アドベンチャーや、崖の中ほどに設けられた参道を歩くクリフウォークなど、自然とスリルを味わうことができる施設が充実している。
キャピラノ渓谷のアトラクション

キャピラノ渓谷からはバスでロンズデール・キーまで行って、そこから「バンクーバーのスターフェリー*1」とでも言うべきシーバスでダウンタウンのウォーターフロントに戻る。
シーバスが走るバンクーバーの海峡

更にバスに乗り継いで、昨日も訪れたスタンレー・パークに向かう。
今回訪れたのは、バンクーバー水族館。魚などの海洋生物も楽しめるが、ここで見るべきはやはりカナダに生息する哺乳類たち。

バンクーバー水族館のイルカ
イルカもいた。

バンクーバー水族館のトド
トドの曲芸ショーもあった。

しかし、本命は何と言っても、
バンクーバー水族館のラッコ
カナダの動物といえばこれ。ラッコだ。

バンクーバーには帰国の便もあるのでまた訪れるが、明日は別の街へ。こんかいの旅の主目的である「憧れの大空」を目指す。

*スターフェリー … 海峡に隔てられた香港の九龍地区と香港島を繋ぐフェリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索