バス憧れの大地へ

雑記ブログ

映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』

チベット東部からラサ、カイラスに至る巡礼の様子を描いた映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』を東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで参観してきた。

監督はチャン・ヤン。『胡同(フートン)のひまわり』などの作品がある中国人監督だ。それだけに、中国共産党寄りのプロパガンダの交じったものになっていないかと、正直危惧していた。しかしいざ蓋を開けてみると、中国共産党寄りのプロパガンダもFree Tibet寄りのプロパガンダも一切無い、極めてニュートラルな内容だった。登場するチベット人はチベット語を話し、チベット流の生活と信仰を営んでいる(プロの俳優ではなく現地で探し当てた村人を出演させているので当然と言えば当然だが)。中国語や漢字が出てくるのはほんの一瞬だけ。むしろチベット、チベット人、チベット文化に対するリスペクトに満ちた作品となっていた。

物語は、チベット東部のカムにあるマルカムから老若男女11人(途中で1人増え、1人減る)の村人たちがチベットの首都ラサそしてチベット西部の聖山カイラスに至る2400kmの距離を、五体投地をしながら1年間かけて巡礼していくというもの。時代は、スマートフォンが既に普及している現代だが、それでも自動車等を使わずに五体投地でゆっくりと進んでいくのが彼らの流儀なのだ。
映画のチラシに書かれている「五体投地のルール」によると、
(1)合掌する
(2)両手・両膝・顔を大地に投げ出しうつ伏せる
(3)立ち上がり、動作をくりかえして進む
(4)ズルをしないこと
(5)他者のために祈ること
私は2度ラサに辿り着いているが、バスや列車を利用しており、彼らに言わせれば「ズルをしている」部類に入るのだろう。
物語の最初から強調されているのが、全てのチベット人にとってラサに巡礼するということは大いなる憧れで、人生の一大イベントであるということ。私たち外国人が物見遊山で、旅行社に連れられてラサに行くことに比べれば重みが全く違う。
そして、今になって考えれば、私がラサのポタラ宮周辺で見た巡礼者の中にはこのようにして長い距離を歩いてやって来た人々も多くいたに違いない。そういう意識を持って現地で彼らを見ることができなかったことが極めて遺憾にも感じられた。もしもう一度かの地へ行くことがあれば、彼らに最大級の敬意を表することだろう。

映画は、五体投地をして歩いては休み、を繰り返し、BGMは彼らの祈りと歌の声のみと、実にシンプルに進行していく。しかし、1年の長旅だ。途中でハプニングは付き物だが、それすら彼らは大らかな心で乗り越えていく。そんなチベット人の純朴さ、信仰心の篤さに心打たれる。
そして、1年がかり、2400㎞の巡礼であるがゆえに、四季折々の風景、チベットの大地の千変万化で雄大な美しさがガンガン伝わってくる。

「チベット」という言葉に反応した方なら、一見の価値あり。皆さん是非ご覧下さい。

チベット蜂起記念日 Uprising Day

今年も3月10日が来た。
1959年3月10日。「中華人民共和国」を名乗る中国共産党の魔の手からダライ・ラマ法王を守ろうとチベットの善良な人々が立ち上がったUprising Day(蜂起記念日)――あれから(とは言っても私はその時生まれてさえもいないが)今年で57年となる。

私がこの時期のデモに初めて参加してFree Tibetを訴えるようになって8年。毎年「いつになったらこういうことを訴えずに済むようになるのだ」と内心思っているが、解決の兆しは一向に見られない。近年では遂にチベットの人々が「焼身」という実に痛ましい手段で中国共産党の支配に「No」を突きつけている。

そこにいる人々が不幸になる支配などあってはならない。半世紀以上も経つのに民心を得られていない中国共産党のチベット支配は既に失敗していると言い切っていい。否、最初の蜂起が発生した1959年の時点で、中国共産党のチベット支配は早くも破綻していたのである。それ以来ずっと破綻したままの支配に、半世紀以上の間、力づくで蓋をしているだけにすぎない。
中国共産党が自分たちの「国民」のために政治をする連中でないことは明白である。これが「植民地民」が相手なら尚のことだ。この「国」がチベットを支配する限り、チベットの人々に幸福が訪れることはあるまい。

私は、今年も祈る。
ただ純粋に、チベットの人々のためだけに。

チベットが不当な支配から解放されて、チベットの人々に自由と、人権と、笑顔が戻ってくることを…

Free Tibet !!

https://www.a-daichi.com/image/tibet_flag-400.jpg

チベット亡命政府主席大臣ロプサン・センゲ氏来日

中国共産党に祖国を蹂躙され、現在インドのダラムサラを拠点としているチベット亡命政府。そのトップに立つ人物が主席大臣であるロプサン・センゲ氏だ。チベットの“聖”のトップがダライ・ラマ法王ならロプサン・センゲ氏は“俗”のトップということになる。そのロプサン・センゲ氏がこの度来日し、東京の護国寺で講演を行った。

ロプサン・センゲ氏

初めて間近に見るロプサン・センゲ氏は、「首相」という肩書から勝手にイメージしていたよりも随分お若く感じられた。それもそのはず。私と同年代の1968年生まれ、まだ47歳というお若さなのだ。

講演ではまず、チベットの歴史や地勢について話され、チベットが中国共産党に侵略される以前は間違いなく独立国であったことを強調された。
そして今回は特に、「環境」に力点を置いたお話があった。
そのほんの一部を抜粋すると、

「チベットは『世界の屋根』であり、アジアの大河の多くが、チベットの氷河を水源に流れ出している。しかし、近年の地球温暖化、チベットでの森林破壊、チベットの都市化、チベットへの中国人流入人口の増加、チベットでの鉱物採掘等の影響でチベットの氷河が融けつつあり、アジア全体が脅威にさらされている」
「こうした『水の危機』の中、中国(チベットを占拠している中国共産党)は国連による水の共有の協定に参加していない。これにサインをしていないということに中国の思いが表れている」

即ち、チベットがならず者の集団に占拠されている現状は、チベット自身のみならず、アジア全体に良い影響を与えない、ということだろう。やはりこの不幸な侵略・支配の現状は早急に打破されなければならないと言えるだろう。

それにしても、ダライ・ラマ法王は年を重ねた安定感があるのに対し、ロプサン・センゲ氏には若さゆえの安定感と勢いが感じられる。チベットはいい指導者に恵まれたものだ。

その後開かれた記者会見では以下のようなことを話されていたようだ。

14世後継で中国けん制 チベット亡命政府首相(共同通信)
http://this.kiji.is/58533491560252925?c=39546741839462401
※毎日新聞は上記の記事を「ダライ・ラマ『生まれ変わる場所は亡命の地』センゲ首相」の見出しで報道
チベット亡命政府首相 中国政府に対話再開求める(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160109/k10010366541000.html
チベットに「真の自治を」=来日中の亡命政府首相(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016010900251

「チベット自治区」50周年

1965年9月1日。
独立国チベットを土足で踏みにじった侵略者である、「中華人民共和国」を名乗る中国共産党がチベット中央部のウ・ツァンを中心に「チベット自治区」をでっち上げた。
今日2015年9月1日はそれから50周年に当たる。

中国共産党当局はチベットの経済発展を強調してチベット統治が正しかったというプロパガンダに終始するが、その実、中国共産党はチベット人が経済的な豊かさよりも大切にするチベット仏教をないがしろにし、チベット人が心より尊敬する聖人ダライ・ラマ14世に汚い罵声を浴びせ続ける。当然のように、彼らの統治は、チベット人の支持を全く受けていない。

昨今の相次ぐ焼身抗議などが示すように、中国共産党のチベット統治は疑いなく誤りであり、既に破綻している。

チベットの1日も早い「解放」を、あらためて心の底より願う。

チベットの現状を訴える映画「ルンタ」

チベット問題を扱った映画「ルンタ」が本日初日公演。中国共産党の抑圧に対する焼身抗議が相次ぐチベットの原状を、インド・ダラムサラでチベット支援活動を続けている中原一博さん(私もダラムサラに行った時お世話になった方だ)の視点で追うドキュメンタリー映画だ。監督の池谷薫さんと中原さんが舞台挨拶を行うということで、私も東京・渋谷に駆けつけて鑑賞させていだだいた。
私が行ったのは14時45分からの2回目の上映だったが、入場時に並んでいると1回目の舞台挨拶を終えて外に出てきていた中原さんと4年ぶりに再会。ちょいワルで豪快なキャラクターは健在だった。

映画は、中原さんがチベット人焼身抗議の現場写真をインターネットで見ているところから始まり、中原さんによる焼身抗議をしたチベット人の身近な人物や中国共産党の支配に抵抗した「政治犯」として拘束された経験のある人物などへのインタビュー、ダラムサラにおける人々の抗議の様子、中原さんによる焼身抗議の現場巡り、焼身抗議をした人々の遺言などで構成されていた。劇中、私が2011年に訪れた場所に100人を超える焼身抗議者の遺影が飾られてるのを見た時などは胸が痛くなる思いだった。

実は、この「焼身抗議」、チベット問題をサイトで扱っている私だが、どうしてもコメントすることができなかった部分だった。なぜなら、
[チベットの人々がそこまで追い詰められている、もう他に抗議の手立てがないというのは理解できる。しかし、その生命の使い方は正しいのか? もっと有効な生命の使い方は無いのか?]
という疑問が常にまとわりついていたからである。
その疑問に今回の映画は答えてくれるか――期待を胸にスクリーンに目を注いだ。

そして、その疑問に対するヒントは随所に見ることができた。

「焼身は、他に害をなさず、自分だけを犠牲に実現できることが可能」
「自分の苦しみを、他人が受けないように」
「一切衆生の幸せのために、私は自らを犠牲にする」

――仏教国と言われている私たち日本の国民の想像を遥かに超える仏教の信念が、そこにはあったのだ。
また、映画では明言されていなかったが、彼らが「輪廻」を真剣に信じていることも、彼らが「命を灯心にする」ことを厭わなかった理由の一つではなかったかと、私は勝手に想像した。

命を大切にして、生きることで闘うことの方が正しいに決まっている、という気持ちは、今も変わらない。しかし、「焼身抗議」に懐疑的だった私にもようやく、彼らがそこに至った心境が少しだけ、この映画で理解できるようになったように思う。

映画の終了後、池谷さんと中原さんの舞台挨拶。中原さんは、ご自身がチベット支援に関わるようになるに至った経緯などを話してくれた。
また、池谷さんは、
「チベットの映画を作りたいとずっと思っていたが、難しかった。自分たちの身の危険は覚悟の上だが、インタビューに答えてくれたチベット人に危害が加わることが一番怖かった」
「今日本でも安保法案の件などあるが、チベット人の『非暴力』に何かのヒントがあるのではないか」
といったことも話していた。

チベットの人々を焼身に追い込んでいるのは何か、何故彼らは「焼身」という行為に走るのか――そんな疑問に対するヒントを、この映画は提示してくれることでしょう。
「ルンタ」は東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムにて上映中。ぜひ足をお運びになって、チベット問題について一緒に考えましょう。

ダライ・ラマ法王来日法話―映画館でライブ・ビューイング(2015年)

尊敬するダライ・ラマ14世猊下が今年も来日された。今回は東京の昭和女子大学で4月12~13日にかけて法話が行われるのだが…

私はそのチケットを買いそびれてしまっていた…

しかし、今回は粋な計らいがあった。
ダライ・ラマ法王法話ライブ・ビューイング
全国各地の映画館でライブ・ビューイングが行われたのだ。
その映画館の中に、私の地元である川崎のチネチッタが入っていたので、この日の午後の部のチケットを買って参加した。
(今回の法話は日曜日と月曜日の午前・午後の計4回あり、それぞれ違う内容になるのだが、私は平日は無理だし、日曜の午前も都合が悪かったので日曜の午後の部だけの参加となったが、映画館のライブ・ビューイングならバラでチケットが買えたのがありがたかった)

13時半。映画館のスクリーンに法皇様が入場する姿が映し出された。現地ではスタンディングオベーションで迎えているというのに、映画館では皆ひっそりとしている。このへんに現地と遠隔地との温度差がある。

法話の内容は、これまでの法話でも何度も挙がっていた、「空(くう)」についてが中心。
「世の中の全ては実体があるように見えるが、名前をつけられてそう思われるだけで実際は「空」なのである。実在にとらわれず、空の理解を育み、菩提心を育むのが修行者のあるべき姿」
などというお話をされた。
最後の方にはナーガールジュナの経典の紹介があったが、ここで現地と遠隔地との“格差”が明らかになった。この部分は現地で配布された資料を見ながらのお話になったのだが、ライブ・ビューイングではその資料が配布されなかったのである。

15時半すぎ、法話は終了。現地ではやはりスタンディングオベーションで法皇様を見送っていたが映画館の方はやはり、一部の人が拍手するだけでひっそりとしていた。

ライブ・ビューイングはバラでチケットが買えたことや、現地で見ていては豆粒程度にしか見えない法皇様のお姿がスクリーンに大きく映し出されて、左右に体を動かす様子や「頭上の照明が暑い」と頭におしぼりを乗せる様子(笑)がよく見えたことなどは良かったが、やはり臨場感に欠ける。

次の機会は生でお話を拝聴したい。

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索