バス憧れの大地へ

雑記ブログ

2024年初登山―金時山

2024年もマラソン、城巡りの傍ら、時間を見つけて山登りもしよう――今年の初登りは2年ぶりに金時山を目指すことにした。

神奈川県・小田原駅からバスで、前日、前々日と箱根駅伝のドラマが繰り広げられた箱根路を上って、仙石バス停で下車。午前11時19分、目指す金時山山頂を横目に、国道138号から登山口へ向かう細道に入る。
金時山への入り口
金時山への入り口
細い舗装道路を6分ほど歩いたところで、金時山コースの登山口に到着。ここからが本格的な山道だ。
金時山登山口
金時山登山口
登山口から比較的歩きやすい山道を27分ほど歩いたところで、矢倉沢峠の分岐に到着。金時山へはここで左折するコースとなる。
矢倉沢峠の分岐
矢倉沢峠の分岐
少し進んたところで、植生が変わった。矢倉沢峠までは左右を比較的背の高い木々に覆われていたのが、黄金色になった背の低い笹に挟まれた山道となり、目の前に山の姿が顕わになった。
植生が変わり、山の姿が顕わになる
植生が変わり、山の姿が顕わになる
そこから見えたピークは10分ほどで登れるかな?という高さだったが、その上に到着してみると、本当の金時山山頂が更にまだまだ上に見え、「まだなのか…」と気持ちが萎えてしまう。
山頂はまだ先だ
山頂はまだ先だ
山頂は少しずつ近づいてくるものの、息が上がって、歩みが次第に休み休みになって、ペースが落ちてきた。
少し歩みを止めて振り返って見ると、前日、前々日に大学生ランナーたちが駆け抜けた箱根山と芦ノ湖が見える眺望が広がっているのが見えた。心に癒しを受け、少し元気になることができた。
箱根山と芦ノ湖が見える眺望
箱根山と芦ノ湖が見える眺望
ところが、山頂まであと標高差100mというところで、体に異変。脳が貧血を起こしたかのような目まいに見舞われたのだ。ここは少し長めに休んで、回復を待つ。
幸いにも調子が戻ってきたので、再び歩き出す。やがて、山頂の山小屋の壁が見えてきた。あと少しだ。
そして、12時26分…

登頂

所要時間は1時間7分22秒。2年前よりも苦しんだ印象だったが、2年前よりも速いタイムで登り切ることができた。
目の前には、少し雲がかかっているものの、富士山がその勇姿をくっきりと見せ付けてくれていた。
金時山山頂から望む富士山
金時山山頂から望む富士山
少し東へ視線を移すと、箱根山、芦ノ湖、駿河湾を望むこともできた。
金時山山頂から望む箱根山、芦ノ湖、駿河湾
金時山山頂から望む箱根山、芦ノ湖、駿河湾
持参した昼食と山小屋で注文した甘酒でエネルギーを補給して、12時58分、下山の途に就く。
下山は乙女峠コースを選択。尾根伝いに歩くので、下山とはいえアップダウンが激しい。しかも登りで辿った金時山コースに比べて険しい岩場が多く、下りるにしても気を遣う場面が続く。
山頂を出発して45分、乙女峠に到着。ここからも富士山をよく眺めることができる。
乙女峠から望む富士山
乙女峠から望む富士山
乙女峠から程なくして、国道138号が見えてきた。しかし、ゴールはまだ先だ。国道138号はこの先ヘアピンカーブがあり、山道はそのヘアピンの根元を最短距離で突っ切るコースを取る。この山道が、木々に覆われて薄暗く、木の根があちこちで露出していて歩きにくい。
14時20分、乙女峠ルート登山口に到着。無事、登山が終了した。
乙女峠ルート登山口
乙女峠ルート登山口
下りに要した時間は1時間21分54秒。登りより道が長くも時間がかかったが、こちらも2年前よりもいいタイムで歩き切ることができた。

山頂付近で見舞われた目まいが少々気になったが、今年も富士登山に向け、また体を鍛えていきたい。
今回の登山ルート
今回の登山ルート

塔ノ岳、丹沢山山歩き

3度目の塔ノ岳登頂を達成した私だったが、今回はもう少し先に行くため、余裕のあるスケジュールで臨んでいた。
次の行き先は、丹沢山。日本百名山に名を連ねる、丹沢山系の中心的存在である。
時刻は11時5分。塔ノ岳~丹沢山は片道1時間ほどだというので、これならこの日のうちに行って帰って、下山できそうだ。
丹沢山への案内板
分岐の看板から、いざ出発。まずは塔ノ岳山頂から、急な木段を下っていく。
そこから先は、暫く緩やかな稜線の道を歩く。
丹沢山への稜線
道の両側には、笹薮が広がっていた。葉の外輪はほぼ黄色く枯れていたが、逆にその色のために、『風の谷のナウシカ』ラストシーンの金色の絨毯さながらの様相になっていた。
丹沢山系の谷の眺望
木が少ないので、眺望は抜群だ。丹沢山系の山々と、その下に横たわる谷の、高と低の対比的な眺望が見事だった。

少々のアップダウンを繰り返すが、あの小丸尾根の厳しい道を歩いてきた私にとっては、楽なものだった。
丹沢山山頂
12時1分。標高1567mの丹沢山山頂に到着。目標達成だ。
丹沢山山頂
こちらの山頂は木々が結構あり、残念ながら眺望はいまひとつだった。

少しだけ休憩して、12時17分、来た道を戻る。
帰り道もなだらかで、気持ちのいい山歩きになった。
塔ノ岳
しかし、塔ノ岳を目の当たりにすると、往路で木段の傾斜のきつさを知っているだけに、「これを登るのか…」と、少々気分が萎える。
塔ノ岳への木段
心臓破りの木段を登り、13時10分、塔ノ岳に帰還。

先ほどよりも雲が晴れている。
「これなら富士山見えないか?」
と思ったが…
塔ノ岳からの眺望
なぜ、富士山だけ雲の向こうなのだ?
今回も結局、塔ノ岳からの富士山の眺望を拝むことはできなかった。

暫く山頂からの景色を楽しんだ後、13時36分、下山開始。
登ってきた小丸尾根は傾斜がきつく人も少なく、不安が多かったので、帰りは2度歩いたことがある大倉尾根(俗称『バカ尾根』)を歩くことにした。
大倉尾根からの眺望
暫くは、秦野~小田原方面の眺望が見事な道を歩くが…
大倉尾根
やがて、木々が深くなり、眺望が利かない、急な下り坂が連続する。
ただ、前々回、前回は傾斜がきつく、下りにくいと感じられていたこの道が、今回はそれ程とも感じられない。慣れもあるだろうが、登山スキルの向上も間違いなくあるだろう。
山桜
途中、山桜に気持ちを癒やされるスポットもあった。

このルートは、途中分岐がある。最終的には同じ場所に繋がるのだが、今回はこれまで歩いたことがなかった、テント場~「大眺望」ルートを歩いてみた。
大眺望
「大眺望」は確かに割といい眺めだったが、山頂からの眺めを既に見ていた私にとってはもの足りなかった。
麓の舗装道路
ひたすら下って、ようやく山道を抜け、麓の舗装道路に出る。

そして、15時56分…
下山
大倉バス停に到着。
今回の登山も、無事完了した。

塔ノ岳山歩き

春。
過ごしやすくなるのはありがたいが、
春になると、

富士山が見えにくくなる。

昨年、神奈川県内のある富士山絶景ポイントを2度訪れたが、まだ富士山を見るには至っていない。
4月3日、そのポイントも富士山もいい天気予報が出ているので、三たび行ってみることにした。

その場所は、
丹沢山系・塔ノ岳
自宅のある川崎から、朝6時前からJR南武線、小田急小田原線を乗り継いで、渋沢駅へ、そこからバスで行った大倉バス停が、登山のスタート地点だ。
大倉バス停
塔ノ岳へのルートは、大倉尾根(俗称『バカ尾根』)を通る最短ルートと、鍋割山を経由していくルートがある。私はこれまで両方のルートを登ったことがあるが、実は大倉発でもう一つ、知る人ぞ知るルートがある。
それは、「小丸尾根ルート」。途中までは鍋割山ルートと同じだが、二俣を過ぎたところで、ショートカットになる小丸尾根を辿って登るルートだ。知人によると、大倉尾根よりも眺めも良く、お勧めだということだったので、次はこのルートで登頂を、と考えていたのだ。

7時39分、大倉バス停を出発。
鍋割山ルート登山口
鍋割山ルート入り口。ここから登山開始。
鹿よけネット
鹿よけネットをくぐって、本格的な山道に入る。
鍋割山ルート序盤
暫くは緩やかな林道が続く。
山桜がきれいに咲いているポイントもあった。
二俣手前
右手に沢や、ちょっとした滝も姿を現す。このあたりは清涼感があって気分のいいポイントだ。
二俣
8時35分、二俣着。この先に見える木の橋を渡って、沢の向こうに移る。
小丸尾根ルート分岐
数分歩くと、分岐の看板が見えてきた。道なりに進むと鍋割山、右の横道に入ると、ここからが小丸尾根ルートだ。
小丸尾根ルート序盤のやや急な坂
やや急な坂を暫く登る。
「小丸まで2000m」ポイント
10分強で、「小丸まで2000m」の看板。まだまだ先だ。
小丸尾根ルート序盤のなだらかな稜線
その看板を過ぎて程なくして、なだらかな稜線に出た。木々も薄く、まずまずの眺望を楽しみながら、しばし快適な道を歩く。
「小丸まで1500m」ポイント
様相が変わってくるのは、「小丸まで1500m」ポイントを過ぎて少ししたあたりから。九十九折の細い坂が続く。
九十九折の細く、急な坂
巨大な倒木に出くわした。他の木にもたれかかるようにして、宙ぶらりんになっている。
「小丸まで1000m」ポイント前後の急登
「小丸まで1000m」ポイント前後から、木の根がむき出しになった急登が続く。幅が広いので、歩くのに一番適したコースを判断して登ろう。
痩せ尾根
坂を登りきった先にも難所が。幅1mにも満たない痩せ尾根。両側とも急斜面なので、滑落しないよう注意が必要だ。
痩せ尾根を切り抜けたかと思うと、また木の根がむき出しになった急登、九十九折の細い坂と、難所が続く。
九十九折の道の途中、折り返した先に、何ががうごめいている。
鹿
鹿だ。
こんなに間近に、飼い慣らされていない野生の鹿を見るのは初めてだった。私が歩みを進めると、警戒心の強い鹿はそそくさとその場を離れていった。
鹿でよかった。これが熊だったりしたら、冬眠明けのタイミングになるので惨事となっていたかもしれない。
そう言えば、この山を登る登山客は、熊よけの鈴を鳴らしながら歩いている人が少なくない。私も次の機会には、用意していこう。

九十九折の道を歩いているうちに、谷側の視界が開けた。
秦野市方面の眺望
眼下に、秦野市方面の眺望が広がっていた。奥の方にはかすかに、相模湾も見える。
急登で疲れ切っていた私の心に、この眺望は一服の清涼剤となってくれた。

程なくして、10時15分、鍋割山~塔ノ岳の主稜線上の小丸分岐にようやく到着した。
小丸分岐
来た道を振り返ると、小丸尾根ルート入り口に看板があるのが目に入った。
注意喚起の看板
「こちらの登山道は遭難の多い道です」

そんな道を通ってきたのか??
確かにきつい道だった。
・道の傾斜が割と厳しい箇所があり、やや登りにくい。下るともっと厳しいか?
・途中に茶屋などが全く無い。
・登山客が余りに少なく、心細い。
富士山で言えば、御殿場ルートに例えてもいい難コースと言えるだろう。
登りはまだしも、下るとなると、中級者に足を引っ掛けた程度の私には難しそうだ。下りは歩き慣れたバカ尾根を歩くことにしよう。

主稜線のルート
これまで登ってきた急登に比べると、ここから先の、塔ノ岳に至る主稜線のルートは楽なものだ。
金冷シ分岐
10時36分、金冷シの分岐に到着。ここまで来れば、塔ノ岳の山頂は間近だ。木道・木段が整備された歩きやすい登山道を一気に進む。
塔ノ岳山頂
10時52分、塔ノ岳登頂。コースタイム3時間35分といわれるところを3時間15分ほどで登りきった。途中立ち止まったのは、写真を撮ったりペットボトルの水を飲んだりした程度で、ほぼ休憩無しでの一気登りとなった。
拘留孫仏(狗留尊仏)
塔ノ岳山頂には、拘留孫仏(狗留尊仏)と呼ばれる仏像が祀られている。
丹沢山系の山並み
山頂から西に目をやると、丹沢山系の山並みの絶景を見ることができる。
小田原、相模湾の眺望
南に目をやると、小田原や相模湾を望むことができる。
残念ながら、富士山は雲に隠れて見ることができなかった。

前回、前々回はここがゴールとなり、そのまま下山したが、今回はもう少し先まで足を延ばすことにした。

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
旅PHOTO―旅人からの贈り物