バス憧れの大地へ

雑記ブログ

サハラ砂漠~フェズ

<10月29日>
これもまた「憧れの大地」の一つでした――サハラ砂漠到達です!!

サハラに着くまでの間も別の所に立ち寄りましたが、それはまた別の機会に。

で、サハラに到着したのは夕方前。岩や礫の砂漠が突然、サラサラの砂山に姿を変えて私たちの前に立ちはだかります。
大きな荷物は預けて必要最小限のものだけ纏めて、ラクダの背中に乗ります。ラクダには初めて乗りましたが、座った状態のラクダにまたがってラクダが勢いよく立ち上がった時、逆に下りるためにラクダが勢いよく座る時には結構なスリルが感じられます。

そして、ラクダで隊列を作って、出発進行。1台のRV車で収まる人数も、ラクダの隊列となると想像以上に長くなります。

周囲は見渡す限りの、赤茶けた砂――広大に見えてもこれでサハラの氷山の一角にも満たないのだから、どれだけ広いのか想像を絶します。

2時間ほどラクダに揺られて砂漠を進み、辺りが暗くなる頃にベルベル人のテントサイトに到着。この日はここに宿泊しました。都会ではおよそ考えられない満天の星空に抱かれて、心をアフリカの大地に開放。流れ星も3つばかり見えました。
サハラ砂漠の星空

<10月30日>
まだ完璧に夜のとばりに包まれた、若干冷え込む午前5時、再びラクダに乗って前日出発した場所に戻ります。

大部分の参加者はマラケシュに戻りますが、私と、同じグループにいたイタリア人夫婦、そして別のグループにいたアメリカ人女性の4人はマラケシュには戻らずにフェズという街へ向かいました。
フェズのブー・ジュルード門
マラケシュ同様、迷宮都市として知られるこの街ですが、壁の色が白いなど、どこかマラケシュとは毛色が違います。
フェズの街角
自分、マラケシュよりこっちの方が好きかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索